再婚に失敗して後悔してしまう人の懲りない4つの特徴

二度目の結婚で幸せになった人はたくさんいます。

しかし、再婚をしたものの新しいパートナーとうまくいかず、再婚したことを後悔してしまう人も少なくありません。

ここでは、再婚に失敗して「結婚なんてしなければよかった」と後悔する人に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

1.独身生活の寂しさから焦って再婚した

初婚の時と再婚の時の大きな違いは、結婚する前の独身生活に対する意識です。

初婚の時は、それまで生まれてずっと独身だったわけですから、一人でいることに特別な寂しさを感じるということはあまりありません。

ひとり暮らしが長い人でも、その寂しさに耐えかねて、それで結婚したということはそうはないでしょう。

独身でいることが当たり前になっているからです。

再婚の時はちがいます。

一度結婚して夫婦生活、さらに家族での生活を経験しているために、離婚して一人になると、その孤独感が際立って感じられるものです。

そのため、「早くこの寂しい独身生活から抜け出したい」と考えるようになります。

その結果、相手のことをよく見きわめもしないで、焦って再婚してしまうということが少なくありません。

ふつうは、一度失敗しているのですから、より慎重に相手を見きわめるはずですが、中には孤独感から逃れるために焦って再婚し、失敗する人もいるのです。

2.離婚原因は100%相手にあったと思っている

最初の結婚で失敗したのは、すべて相手の精だと思っているというのも、再婚でも失敗し後悔する人の特徴と言っていいでしょう。

離婚原因はさまざまですが、その原因が100%相手にあるというケースはそうはありません。

例えば、相手の浮気が原因だったとしましょう。

もちろん、悪いのは浮気をした元のパートナーです。

しかし、その浮気の原因になったのが、自分自身の過度な束縛や、愛情の不足にあったということもあるでしょう。

つまり、浮気の原因を自分自身が作っているというケースです。

この場合、再婚しても同じように過度に束縛したり、じゅうぶんな愛情を注がないと、新しいパートナーも前の人と同じように浮気に走るということがあるでしょう。

つまり、離婚したのちに、「自分にも悪いところがあった、至らない点があった」と認識し、反省し、改善しないと、また同じ理由で結婚に失敗するということになってしまいます。

3.「相手を幸せにする」という意識がない

再婚をする人は、一度目の結婚で幸せになることができなかったわけです。

幸せになりたくて結婚したのに、その夢がかなえられず、つらい思いをしたのが再婚する人の共通点と言っていいでしょう。

そのため、二度目の結婚では今度こそ幸せになろうと考えます。

「自分が幸せになること」が最優先になるため、「相手を幸せにする」という意識がどうしても希薄になります。

その意識をまったくもたないというケースも少なくありません。

結婚を成功させる秘訣は、お互いに相手を幸せにしてあげようと意識し、努めることでしょう。

その意識がなく、自分が幸せになることばかり考えているというのが、再婚で失敗し、後悔する人の特徴ということになるでしょう。

4.夫婦関係にナーバスになりすぎる

そのように、再婚する人には「今度こそ」という意識があります。

「今度こそ上手くやろう」という意識を強く持つのです。

その意識が、二度目の結婚を成功させることもないわけではありません。

しかし、その意識が強すぎると、失敗しやすいのです。

「今度こそ上手くやろう」という意識が「失敗は許されない」というネガティブな考え方につながることがよくあります。

その結果、夫婦関係にナーバスになってしまい、パートナーと正面から向き合わなくなることが少なくありません。

そうしたネガティブな雰囲気はパートナーにも伝わりますから、夫婦の関係がぎくしゃくしたものになります。

失敗を恐れるために夫婦関係にナーバスになること、その結果、かえって夫婦の間に溝ができてしまうというのが、再婚で失敗する人の特徴の一つです。

再婚して後悔する人の主な特徴を4種類紹介しました。

失敗しようと思って再婚する人はいません。

にもかかわらず失敗して後悔する人はたくさんいます。

再婚を考えている方は、参考になさってください。