ハロウィンの開催時期や由来、意味を知って楽しむ方法

最近になってハロウィンが盛り上がりを見せています。



街の中はカボチャに目や口を作ったものや、ハロウィンお化け、などさまざまなグッズを見かけますよね。



夏休みが終わるともうさっそくハロウィン用のカボチャが出荷されるんですよ。



なんだかうきうきしてくるハロウィン。



名前は誰もがしっていても、ハロウィンってなに?どんなもの?と具体的には知らない人がほとんどではないでしょうか。



秋のイベントハロウィンについて時期や意味などをご紹介します。


1.ハロウィンってなんでしょう?

毎年10月31日に行われるお祭りで、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すという目的で行われます。



現在ではアメリカで民間行事として定着化されて祝祭宗教的な意味合いはほとんどなくなりました。



ハロウィンの由来はカトリック教会で行われる11月1日万聖節の前夜祭オールハローズイブが縮小されてハロウィンとなりました。



ハロウィンの日は仮装をして「TrickorTreat」といって子供たちがお化けなどの格好をして家を訪ねると、



その家のひとからお菓子やキャンデーなどをもらえるというものが一般的に知られています。



それは古代ケルト人のソウリングと呼ばれる仮面をかぶった子供たちが、死者の魂に安心や祈りをささげるために



ソウルケーキを乞いながら家から家へと訪ね歩くというものが由来になって現在の「TrickorTreat」が生まれました。



ハロウィンは亡くなった死者の魂が舞い降りてくる日なので、その魂を慰める意味合いでもありました。

2.ハロウィンの日はなぜ仮装をするのでしょうか?

ハロウィンというとお化けですよね。



ドラキュラや魔女、怪物など、みんなさまざまなお化けに変身して町は大騒ぎな10月31にち。



ではなぜ、お化けの仮装をするのでしょうか。



それはハロウィンの日はあの世から悪魔などの魔物がやってきて人間たちにとりつくという日になっているからです。



でも取りつかれたら大変です。



そこで、人間たちもお化けや悪魔などの格好をして、魔物たちとまざってわからないようにしてしまったり、



魔物たちと私たちは仲間ですよという事を示したり、魔物よりも怖いお化けに変身して魔物を怖がらせて退散させようと考えたのが、



これら仮装の始まりになります。



日本人の仮装はキャラクターものや動物などとってもかわいらしいものが目立ちますが、海外のハロウィンをみてみると、



本物そっくりの血をたらしたドラキュラや怪物など、SF映画顔負けのリアルな変装が大半です。



メイクも特殊メイクを取り入れるなど本物の悪霊が取りついたような仕上がりです。

3.なぜ、ハロウィンはかぼちゃなのでしょうか?

ハロウィンに欠かせないものと言えば、カボチャですよね。



カボチャをくりぬいて目や鼻や口を作った「ジャック・オー・ランタン」はハロウィンでも大人気のアイテムです。



くりぬいたカボチャの中にろうそくの火をともして夜に見ると、ゆらゆら揺れる帆脳とかぼちゃお化けの顔でハロウィン気分を盛り上げます。



このカボチャはもともとは、ケルト人たちが魔よけのために使っていた炎がアメリカのハロウィンが伝わった時に変化して、



ジャック・オー・ランタンとなったのです。



ケルト人の魔よけの名残です。



このカボチャ、日本でも夏が終わると早速出荷されますが、ハロウィンまでには期間が長く、腐ってしまわないように、



最近ではハウスの中でしっかりと乾かしてから出荷されるんですよ。



それくらい日本でもメジャーなハロウィンイベントのかぼちゃです。



お子さんと一緒にカボチャのランタンを一緒に作るというのも大変喜ばれる体験です。

4.TrickorTreatの意味ってなんでしょうか?

お化けに仮装をした子供がハロウィンの日にやってきたら「TrickorTreat」と子供達が言うでしょう。



その意味は、今ではお菓子をくれないといたずらしちゃうぞ。



という意味ですよね。



しかし、本来の意味は、お家に招待してくれないといたずらしちゃうぞ。



という意味の方が正解です。



どちらにしても、訪問して何かおもてなしをしてほしい。



という意味合いですね。



なので、かわいい子供達というところからもお菓子をプレゼントする習慣になったのでしょう。

5.なぜ日本にハロウィンが定着したのでしょうか?

アメリカだけでなく、日本でもハロウィンのイベントやお祭りは定着化していますよね。



なぜ、こんなにも定着したのかと言いますと、それは日本の秋の収穫祭とつながっているのです。



日本では古来から秋に収穫を祝う「秋祭り」の文化がありました。



日本人の主食であるお米は秋に収穫されるのでこのお米の収穫を祝うものが主に秋祭りとされていました。



ハロウィンも秋の収穫の時期と同じころです。



収穫を祝うことや、死者の魂を慰めるなど日本人としての気質がハロウィンと違和感なく重なって受け入れられてきたのでしょう。



また、各種お菓子メーカーの戦略ということも大いにあるかと思います。



ハロウィンって何と聞かれたら、ケルト人から伝わった秋の収穫や魂を慰め、悪霊を追い払うことが目的であることが分かりましたでしょうか。



美味しいものが食べられる喜びをお祝いして、可愛いかぼちゃを今年も飾ってみたいですね。