老け顔に見られる5つの特徴と改善方法とは

歳を重ねると、色々な肌悩みの壁にぶつかるものです。

でも、絶対に言われたくない「老け顔」なんて。

同じ歳なのに「あの人より私の方が老けてる?」「あの人はなぜあんなに若々しいの?」そんな風に思う事はありませんか?

わかっている様でわわかっていない老け顔の特徴とその改善方法をご紹介します。

1.老け顔とはケア不足!?

歳を重ねれば、それなりに肌の悩みは誰しもあります。

でも、しっかりケアしてる人は、他の誰よりも若々しくキレイなもの。

逆にケアを怠ってきた人はどうしても老け顔になってしまう。

そんな老け顔の特徴にはいくつかの原因があるんです。

歳だからといって誰もが老け顔になるわけではないんです。

2.絶対になりたくない、老け顔の5つの特徴

老け顔の特徴を知って、今日からしっかり老け顔ケア。

■ほうれい線

ほうれい線は、誰もが悩むイヤな線。

顔の目立つところにくっきりハッキリ現れるほうれい線はいっきに老け顔にみせてしまいます。

年齢とともにハリが無くなり、筋肉も衰え若い頃の様に肌をググッと上に保つ事が出来なくなり現れます。

顔の印象を変え、おばさん感のぬぐえない厄介な線です。

■フェイスラインのたるみ

若い頃はどこから見ても、ピンッとはっていた肌も歳とともに元気を無くし下がる一方。

表情筋の衰えや、コラーゲンやエラスチンが減少する事で起こってしまうものです。

肌は上がって保つ事ができなくなりどんどん下がり、頬はたるみ太っていなくても二重あご。

フェイスラインの崩壊とともに訪れるのが涙型の毛穴の開き。

肌がどんどん下がる事で、毛穴が引っ張られ縦に開いてしまうんです。

■シワ

多くの人が気になる目尻のシワや、口の横のシワ。

おでこのシワだって気になります。

でも忘れてはいませんか?唇の上の縦ジワ。

これはもう老け顔を通りこしてお婆ちゃんの風格すら出てきてしまいます。

このイヤなシワは、主には乾燥から始まり最初は小じわに。

それを放っておくと硬くなり、また、加齢により水分を保つことが難しくなり小ジワは単なるシワと化するんです。

シワは人生の年輪の様なものなんて言うけれどそんなもの欲しくない、ぷるんとした肌で年齢をカバーしたいものです。

■シミ、くすみ

目の下や頬にもやぁ~っと現れるイヤな茶色いシミ。

こんなシミがあるだけで顔の印象は変わり、老け顔はもちろん苦労してる感まで出てしまいます。

長年の紫外線の影響やビタミン不足、肝斑などという体内の問題によって起こるシミは根が深く、防ぐのもケアするのも難しいものです。

■クマ

寝不足?疲労?やつれ?そんな印象を与えてしまうクマには主に3つの原因があります。

色素沈着による茶色いクマ、血行不良が原因の青黒いクマ、肌の下がりによる皮膚の透けが原因の黒っぽいクマ。

どれにしてもイヤなものです。

クマの種類を突き止めて早急にケアしたいものです。

3.こんな頑固な老け顔の原因はどう改善すればいいの?

老け顔の特徴はどれも頑固なものばかり。

でも、どれもしっかりケアするのとしないのとでは、ぜんぜん違うんです。

日々のケアを怠らず老け顔なんかとおさらばしましょう。

■ほうれい線の改善方法

筋肉の衰えや血行不良などが原因で起こるほうれい線は、マッサージや顔筋トレーニングが有効です。

マッサージは、顔の流れが良くなるようにまず首や鎖骨、デコルテをしっかり流し、通り道が出来たら顔を下へ流すようにして、

その後、特に気になるほうれい線部分を上に上げこめかみを通って、首、デコルテに向かって流します。

何度か繰り返し行うことをオススメします。

顔がぽかぽか温まる程度行ってあげるといいです。

顔筋トレーニングは、顔を少し上に上げて「あ・お・い・こ・け・く」と大きな口を開けて言います。

口周りの筋肉をしっかり使うよう意識してすると、ほうれい線の辺りが鍛えられます。

もしくは顔筋に効く、顔専用のEMS美顔器などもあります。

美顔器をあてる事で特別なパルスが顔の筋肉に働きか運動させる事できます。

■フェイスラインのたるみ改善方法

表情筋の衰え、コラーゲン、エラスチンの減少によりおこるたるみは、

しっかり表情筋を鍛え自分の筋肉の力で肌をググッと引け上げる様にさせることが大切です。

また、肌にハリを与える美容液などを毎日塗ってピンとしたハリももたらす事も重要です。

たるんでしまった肌の余分な脂肪を減少させてスッキリさせるためには、マッサージや、小顔クリームなどでケアすると

顔は引き締まった印象になってきます。

気になるアゴのラインは、顔を上にあげて口を大きく開けて舌を出したり入れたりすると鍛えられ、二重あごが改善されます。

■シミ、くすみの改善方法

シミはとっても根が深く頑固なものです。

そのため美容クリニックなどでレーザー治療などを受ける人も少なくありません。

そんな風に医師による治療も良いですが、まずはセルフケアで、、という人は、やはり美白美容液が一番です。

化粧水でしっかり保湿した肌に全顔用の美白美容液を塗るりその後、シミに直接すり込むようなスポット美容液で毎朝、毎晩ケアする事がオススメです。

また、くすみはターンオーバーの乱れによるものも多いのでピーリングケアなどで古い角質をしっかり取り去る事がオススメです。

乾燥によるくすみはしっかり保湿して健やかに整える事がオススメです。

■クマの改善方法

クマはその種類によって改善方法が全くかわります。

色素沈着によるクマは、美白美容液などを使って美白ケアをする事が大切です。

血行不良によるクマは目元を温めたり、目まわりをマッサ―ジして血行促進をする事がオススメです。

肌の下がりによって、肌が引っ張られ皮膚の下の血液など透けてしまうクマは顔全体のリフトアップケアをする必要があります。

以下がでしたか?老け顔とその改善方法。

どれも毎日のケアがとても重要になってきます。

「老け顔」なんて言われないためにしっかりケアして若々しく歳を重ねていきたいものですね。