すっぴん美人になるための方法はとにかくスキンケアが大事!

すっぴん美人になりたいと思ったことはありませんか?

化粧を落としたら、誰?

なんていわれたらショックですよね。

女性なら誰しもすっぴんもキレイだね、って言われたいものです。

そこで今回はすっぴん美人になるための方法をご紹介します。

1.すっぴん美人になる方法①毛穴を引き締める

すっぴんの第一条件は、なんといっても素肌の美しさ。

これはとっても大切です。

毛穴が開いたキメの粗い肌では、その毛穴ばかりに人は目をひいてしまうものです。

この毛穴を引き締めキメの整った肌を作るにはまず、間違った洗顔方法を今すぐやめる事です。

間違った洗顔とは、洗顔の際、汚れを取ろう取ろうとしてゴシゴシ強い力で擦ってしまう事、これは無意識のうちに肌を傷めているのです。

肌は、たったわずか0.2㎜~0.3㎜の表皮があり、そのうちのわずか0.02㎜~0.03㎜の薄い角質層で守られています。

この薄い角質層は、洗顔時などの刺激で簡単に壊れてしまいます。

角質層が壊れてしまった肌は様々な刺激から守られなくなってしまい、乾燥、毛穴の開き、赤み、ニキビ、などの肌トラブルなどにみまわれます。

また、乾燥は毛穴には大敵で肌の水分量が減ると肌は自ら皮脂を多く出して守ろうとします。

そのため、余分な皮脂が出て毛穴が開きテカリまで、、なんて事に。

洗顔料は肌に優しい成分で出来ているものを使い、しっかり泡立て指で擦るのではなく泡でポッピングする様に洗いましょう。

また、洗顔後に重要なのが保湿です。

水分が足りない肌はバリア機能が低下し砂漠状態。

毛穴の開く原因です。

各層の奥まで浸透する化粧水を使って肌がもっちりするまでしっかり入れ込みます。

その後は、肌の水分が逃げない様に保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸配合のクリームなどでしっかり保護しましょう。

2.すっぴん美人になる方法②くすみ、シミを改善

透明感とは、美しい女性には絶対の存在。

でも、残念ながらこの透明感は歳とともにどんどん無くなっていきます。

そして透明感を失うだけでなく印象を悪くするシミまで。

これではすっぴん美人には到底なれません。

そんな透明感を取り戻すためには、顔全体や首デコルテまでしっかりケア、シミのケアも忘れずにしましょう。

くすみを改善して、ワントーン明るい肌にするには乱れがちなターンオーバーを整え、

肌に残った古い角質がしっかり剥がれ落ちるようにしなければいけません。

ストレスの多い毎日や、不規則になりがちな生活を正しバランスのとれた食事を心がけ、ビタミンも積極的に摂りたいものです。

でも、日々の生活はそうそう変えられるものではありません。

そんな時は、外から古い角質除去してあげればいいのです。

市販のピーリング石鹸や、ふき取り化粧水、洗い流すタイプのパックなどで古い角質を取り去り、ツルピカ肌を目指しましょう。

また、化粧水で肌を整えた後は顔全体用の美白クリームなどで透明感を与えるケアをして、

シミ専用のスポット美容液で気になる部分をしっかり美白しましょう。

角質ケアは、使用する製品にもよりますが2週間~3週間に一回のペース、美白ケアは毎日行いましょう。

その際保湿ケアも忘れてはいけません。

3.すっぴん美人になる方法③もっちりハリのある肌作り

普段はメイクで隠れている素肌も、全てを落とした時もっちりと艶めくハリ肌が出てきたらドキッとするものです。

そんなもっちり艶めくハリ肌を作るには、様々な要素が整っていないといけません。

正常なターンオーバー、潤い、健康な肌細胞、しっかり働くバリア機能などなど。

これらを整わせるために、一番大切なのは上記にもある古い角質をしっかり取り去る事、奥までしっかり保湿する事です。

また、肌細胞が弱ってしまった肌はコラーゲンの増殖が減り、すっぴん美人に欠かせないハリが無くなってしまいます。

肌細胞までしっかり届くハリ肌用の美容液を使ったり、活性化させるためにフェイスマッサージをしたりして肌細胞を目覚めさせましょう。

 4.すっぴん美人になる方法④気になる目元作り

お化粧を落とした時、とたんに自信がなくなるのが目元ではありませんか?

普段はアイライン、アイシャドウ、マスカラなどで大きく見せる事のできる目、でも全て落とせば、小さくなるに決まってます。

そんなすっぴん時の目元の救世主はまつげです。

まつげが濃く長ければ、目元はすっぴんでもハッキリします。

まつげは生まれつき長さが決まってしまっているし、と思う人も多いと思いますが、今はそうでもないのです。

進化のすすむまつげ美容液で、長さ、太さ、濃さを出してすっぴん時も自信の持てる目元にしましょう。

太さや濃さ、コシを出したいならまつげの毛自体に塗るまつげ美容液を朝晩しっかり塗布します。

根本からしっかり塗布して細くなりがちな毛先までしっかりと。

長さを出したいなら、まつげの生え際に塗る育毛タイプの美容液を規定量塗布します。

この育毛タイプのものは効果が高ければ高いほど、副作用もありますのでしっかりチェックして用法、用量を守って使用しましょう。

また、まつげは体調によって細くなってしまったり、抜けやすくなってしまったりするものです。

まつげの元気がない時は美容液だけに頼らず、体調管理もしてみましょう。

5.すっぴん美人になる方法⑤眉毛が大事

肌もキレイに整った、まつげもしっかり濃くなった、でも眉毛が無かった。

では問題です。

すっぴん美人どころか、面白顔になってしまう危険性があります。

普段しっかりメイクをする人も眉毛はすっぴんの時用にとっておく事が重要です。

全て残すのではなく、アイブロウを取った状態でも整った眉毛がほど良く残るくらいにしておくと良いですね。

いかがでしたか?スッピン美人になるための方法。

わりと困難な道であるかもしれませんが、すっぴんはキレイに越した事はないですよね。

恋人やパートナー、女同士、自信を持ってすっぴんを見せたいものですね。