化粧崩れを防止する方法は皮脂を防ぎ肌に潤いを!

化粧崩れで悩んでいませんか?

朝しっかり化粧して出かけても、午後には化粧がボロボロ、ドロドロ。

なんて事になってしまう人多いのではないでしょうか。

その化粧崩れはオイリー肌の人だけが抱える悩みではありません。

間違った判断で間違ったスキンケアや化粧をしていると、そのお悩みはいつまでたっても解消しません。

そんな化粧崩れを防止する方法をご紹介します。

1.化粧崩れは日々の乾燥ケアが最も重要

化粧崩れで悩む多くの人は、顔がテカるから私はオイリー肌。

そしてオイリー肌だから化粧が崩れるんだと思ってしまう人が多い様です。

確かにオイリー肌は化粧崩れの大きな原因ですが、肌の乾燥がオイリー肌にしてしまっている事もあるのです。

肌はひどく乾燥すると、肌を守ろうとして皮脂を出します。

そのため顔がテカってオイリー肌の様になってしまう事が多いのです。

皮脂が多く出て油っぽくなってしまった肌のメイクは皮脂によって浮き崩れやすくなってしまうのです。

また、乾燥によってパサついたり、カサついたりした肌にはファンデーションがうまくのらず落ちやすい状態になってしまいます。

そんな乾燥や、乾燥によるオイリー肌は日々のスキンケアでしっかり肌を潤し、守り、健やかに整える事が重要です。

化粧水は肌の角層までしっかり水分を行き渡らせる水分補給効果の高いものを使用し、乳液やクリームなどは、

肌の水分が蒸発しない様にしっかり守るセラミドやヒアルロン酸などが配合されたものを使用すると潤いがキープされます。

また、化粧水を付ける時は、一回と決めず乾燥している時は肌が吸い込むだけいくらでも化粧水をつけてあげましょう。

手の平に、500円玉ほどの化粧水をとり、顔になじませよく吸い込ませたらもう一度という感じで何度か繰り返します。

クリームは適量でOKです。

2.朝に心がける化粧崩れ防止ケア

日々のスキンケアは朝のスキンケアも含まれます。

この朝のケアをしっかり行う事で化粧崩れを防止する事ができます。

化粧水や乳液はしっかりハンドプレスして、肌になじませます。

化粧水が肌にしっかり浸透し顔が濡れていない状態になったら乳液などを塗ります。

化粧水と乳液などは分子量が違い浸透能力も違います。

肌の上で両方が混ざってしまうと、化粧水が肌に浸透しなくなってしまいます。

丁寧にケアしましょう。

Tゾーンには乳液やクリームを塗り過ぎない事が重要です。

化粧水は、肌深部を潤し保湿する効果、乳液などはその水分を逃さない様に保護する働きをします。

そのため、多く塗ったからといって潤うわけではありません。

余分な油分となって化粧崩れの原因になってしまいます。

大切なのは、化粧下地です。

肌質にあったものを選んで適量をつけましょう。

乾燥肌の人は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されたものを使用して日中の乾燥から肌を守る事を第一に考えましょう。

オイリー肌や、汗っかきの人は汗や皮脂を吸収してサラサラ感をキープする様な効果のあるものを選びましょう。

また、顔汗をひどくかいてしまうという様な人は、顔専用の制汗クリームもありますので、そういった物を使ってみるのはいかがでしょうか。

化粧崩れといえば、気になるのはマスカラやアイラインによるパンダ目もですよね。

そんなアイメイクの崩れを防止するために目の下にもパウダーファンデーションやお粉を塗っておいてあげましょう。

ファンデーションの厚塗りはNGです。

隠したいから、落としたくないからといって、ついファンデーションを厚く塗りたくなってしまいますが、

厚く塗ると肌になじまなかったものが浮き、数十分もしくは数分後にはムラが出来き、粉浮きもします。

隠したい部分や、くすみは、コンシラーやカラーコントロールを部分的に塗ってあげてファンデーションは適量もしくは薄く塗る事がオススメです。

3.日中に心がける化粧崩れ防止ケア

化粧崩れの大きな原因である皮脂。

この皮脂をこまめにケアする事で化粧崩れはグッと減ります。

油とり紙やティッシュなどで気になる部分を擦らずおさえる様にして優しくとってあげると良いです。

また、乾燥してファンデーションが粉っぽく浮いてしまったり、顔にヒビが入ってしまった時などにやりがちな、ミストスプレー。

これはやらない様にしましょう。

ミストスプレーは、肌表面に残り蒸発します。

その蒸発の際に肌深部の水分も一緒に奪ってしまいさらに乾燥してしまう恐れがあります。

どうしても、乾燥やヒビが気になる時はその部分だけ乳液などで優しくメイクを落とし、

残った乳液を軽くふき取り新たにほんの少し乳液を塗りその上から落としてない部分と堺目が出来な様に気を付け、
ファンデーションを塗ってあげると良いです。

4.それでも化粧崩れしてしまったら?

どんなに気を付けてもどうしても化粧崩れしてしまう、または日中必ずメイク直しをする人は、

顔の余分な油分をしっかりとってお粉を叩いてあげましょう。

乾燥が気になる際は、乳液で優しくファンデーションをなじませながら取り、ティッシ等で軽くふき取ります。

乾いたティッシュで再度ふき取り、コットン(なければティッシュ)に化粧水を含ませ落とした部分を軽く叩く様にして保湿します。

その上にファンデーションを薄く塗り、お粉をほんの少し叩いてあげると良いです。

お粉やパウダーファンデーションでお直しする際も、塗り過ぎない事が大切です。

また、落としてない部分との境目に気を付けて自然に仕上がる様に心がけましょう。

化粧くずれ防止に最も重要なのは、乾燥ケアと自分の肌にあったアイテムを使用するという事です。

乾燥は化粧崩れだけでなく様々な肌トラブルをまねいてしまいます。

毎日のケアで健やかな肌を保ち化粧崩れなんかしないキレイで清潔感溢れる女性でいたいものですね。