かっさプレートでマッサージする時の使い方と驚くべき美容効果とは

顔色が悪い、、たるんでるうえにむくむ、、こんな顔では、お仕事、ランチ会などなどテンションが下がりっぱなしです。

くすみ、むくみ、たるみ、、なんとかしたい。

そんな方にオススメのかっさプレートの使い方とその効果をご紹介します。

1.かっさってなに?

かっさは2500年も前から中国で行われてきた民間療法です。

天然石や、牛角などで作られたプレートの様なものや棒状のもので全身の肌をこする事で、血行やリンパの流れを促進する美容法、健康法です。

中医学的には、肌をこすり血、気、津液の流れを改善し内臓のバランスを整えると考えるそうです。

今ではかっさプレートを使って、自宅で簡単に顔のマッサージを行ってフェイスラインのたるみや、

むくみを改善して、くすみをなくす事を目的に使われる事が主流になってきました。

かっさプレートで、顔、首、デコルテを流すことによって健康的で若々しい顔を手に入れる事ができます。

2.かっさマッサージによる効果

血行やリンパの流れを改善するとともに、顔の筋肉のマッサージ効果もあり張り固まって健康的でなくなった顔をほぐし,

ぷるんとした顔に導いてもくれます。

筋肉がほぐれ、血行やリンパの流れが改善する事によって顔にたまる老廃物や余分な水分が排出され、

スッキリとしたフェイスラインを作り出す事ができます。

また、血行不良によるくすみも改善されいきいきとした透明感のある肌になっていきます。

また、顔だけでなく足や手、肩、自分では難しいですが背中などの全身をかっさマッサージする事で新陳代謝が良くなり免疫力がアップします。

それによって疲労回復や風邪予防、冷え対策にも効果を発揮します。

目の周りにもこのかっさマッサージを行う事で疲れ目にも効果がありますので、

長時間のスマホやパソコン作業の合間や後に行ってあげるのも良いですね。

3.かっさプレートの選び方

かっさプレートは、形や材質は様々。

材質は、翡翠や、ローズクォーツ、牛角、ブラックオプシディアン、などの天然石の他、

ステンレスなどの材質もありますが、やはりオススメは天然石です。

肌に優しく、石の種類によってはマイナスイオンを出し続けるものまであるんです。

形は本当に様々です。

たいらなものがほとんどですが、ゆるやかなカーブがやくぼみがあるのが特徴的です。

そのカーブの仕方や、くぼみのサイズや角度は数えきれないほどです。

オススメとしては、ゆるやかなカーブが2種類ほど、Vの字よりちょっと幅広なくぼみがひとつあるものがおすすめです。

ゆるやかなカーブで顔全体のお肉を引き上げたり、口角の横を引き上げたりして、

幅広のVの字部分でフェイスラインの滞りをしっかり流す事が出来ます。

また、毎日使いたいから色は重要。

なんて人はやわらかなピンクが素敵なローズクォーツや、薄い緑に白色がまじった様な翡翠がオススメです。

4.かっさマッサージのやり方は?

かっさマッサージは、その効果にある通り血液やリンパの流れを促進し老廃物や余分な水分を排出する目的があります。

ですから、まずはかっさプレートの様々な面を上手に使って首やデコルテに向かって老廃物を押し流す様にします。

十分に流れたら、引き上げ効果のあるマッサージ方法で行います。

洗顔後の清潔なお肌に、クリームなどを塗って行う事がオススメです。

お風呂で行う時はかっさや顔を少し濡らしてする事がオススメですが心配な人はお風呂でもクリームなどを使用すると良いです。

かっさプレートによる顔の流し方。

まずはかっさのたいらな面を使って、こめかみから顔の側面へ下げていきます。

何度か行ったらたいらな面を使って耳の後ろから首へと流します。

これも数回行います。

その後は、たいらな面で鎖骨を内側から外側に流します。

数回行います。

その後、口角の横や、鼻の横、目の下を下へ下へ流します。

かっさを横にしたり縦にしたり顔の造作や肉のつき具合で変えてやりやすく顔にかっさがフィットする部分で行うとうまく出来ます。

また、アゴからフェイスラインにかけては、幅広のVの字の部分でフェイスラインの骨を挟むようにしてアゴ下から、

耳の後ろまで引き上げる様に滑らし何度か繰り返します。

その後、耳の後ろから首、デコルテと流します。

かっさプレートによる引き上げ方。

十分に流す作業をしたら、今度はかっさを使ってうまく引き上げていきます。

かっさのゆるやかなカーブを使って、くちの下からこめかみまで引き上げます。

なんどか引き上げたらたいらな面を使って顔側面を通って耳の下まで流します。

なんどか下げると良いです。

次に幅広のVの字の部分を唇の真横につけこめかみまでしっかり引き上げます。

数回行います。

この後も同じようにたいらな面で、顔の側面耳の下までと流します。

こんな風に引き上げたい部分は、その引き上げたい部分にフィットするかっさ箇所を使って上へ上げては下へ流すという作業を繰り返します。

おでこは、かっさのカーブの部分で上へ上げると良いです。

週に数回やれば、むくみやたるみは少しづつ改善していきます。

かっさで血行もリンパもしっかり流して、たるみ、むくみ、くすみとおさらば。

明るい顔で毎日いきいきと過ごしたいものですね。