爪の切り方や整え方、甘皮処理等のお手入れ方法とは

女性にとって、身嗜みは大切ですよね。

服装や髪型はもちろんですが、手先なども日々お手入れはした方が女性らしさが増します。

しかし、仕事や家事などで爪などにネイルをしたりできない場合もありますが、それでなくても爪がキレイに見える方法などはあります。

今回はそんな爪のお手入れ方法をご紹介します。

1.爪切りで形をつくる

まず、爪切りである程度の形をつくりながらカットしていきましょう。

あまり長くしていると横からヒビが入り、爪の付け根から剥がれるように割れてしまいますので、

ネイルなどをしない場合の爪の長さは、5ミリくらいが理想です。

この長さであれば家事や仕事などにもあまり支障もなく、割れる事も少なくて見た目も指が短く見えづらいので良いです。

そしてまず両ふちから爪の先端に向けて少し斜めにカットする。

そうすると山のような形になります。

そのあと平行に少し先端をカット。

そうすると台形のような形になって角ができます。

取りあえずはすべての爪をそのような形にカットしてください。

2.ヤスリで整える

台形のような形になって角ができている部分をヤスリで緩いカーブになるように整えていく。

これをやりながら爪切りでカットした部分も軽くヤスリをかけておくと、引っ掛かりなどが少なくなります。

ヤスリは爪切りについているヤスリではなく、爪専用のヤスリが販売されているので、

そちらの方が目が細かいので粗削りにはならなくて良いです。

粗削りすると引っ掛かりなどが残りやすく、やりづらかったりしますので

爪専用ヤスリであればスティック状になっているものもありますので扱いやすいかと思います。

また縁の細かい部分までできますので1本あれば重宝しますよ。

3.表面を研磨する

よく爪の表面がデコボコしていたり、シマが入っている事ありませんか?あれは爪の栄養不足などが原因で結構治るのに時間がかかるものなんです。

デコボコしていたりシマが入っているだけで、少し手抜きをしているようなイメージに見えてしまいますので、

爪の表面も爪専用のヤスリで軽くその部分だけ削ります。

この時も粗削りだと爪に傷が深く付きすぎる為、オススメはできません。

細かいヤスリで軽くおこなってください。

また、あまりその部分だけやり過ぎると爪が薄くなりますので、1度に削ってしまうのではなく、日を改めながら継続してゆっくり削っていきましょう。

4.艶出し

表面を研磨したら艶出しをします。

爪磨きというものがあり、これは100円均一でも入手できます。

爪磨きにセットでヤスリもついているものもありますので、そういったものを買うとお得です。

100均一のものは安価な分、何度か使えばへたってきますので、使い捨てという考えで使ってください。

へたっているのに使い続けると爪によくありません。

艶出しをする時は爪の付け根に向かって擦るのではなく、横に平行に擦る事がポイントです。

付け根に向かって擦ると、勢いで甘皮部分からお肉が剥がれたり割れたりしますので気を付けてください。

5.甘皮などの処理

ネイルをしている人は特に甘皮の処理は必要です。

甘皮の部分からネイルが剥がれやすくなるからです。

甘皮の処理は皮が柔らかくふやけた時にゆっくり優しくおこなう事が大事なので、お風呂上がりなどが理想です。

そして、甘皮専用の器具が販売されていますので、クリームなどを甘皮部分につけてゆっくり軽く優しく剥がしていきます。

無理やり剥がすとそこからばい菌などが入ってしまったりしますので気を付けましょう。

6.ハンドパックなどの優れもの商品

顔のシートパックはみなさんご存じだと思いますが、今、ハンドパックシートもある事をご存じでしょうか?

ビニール手袋のようになっていて、その中に美容液がたっぷり入っています。

これをする事で手や指先などのパックができるという優れもの。

爪も同時にパックされますし、美容液にはビタミンなど配合されているものもありますので、

爪の栄養を外部からも少しではありますが補う事ができます。

また、ネイルのような爪に塗るもので爪を強化したりする商品もあります。

色がついているわけではないので仕事などでも支障はありませんし、爪も割れにくくなりますしお手軽ケア商品です。

いかがでしたか?手というのは意外と見られている部位の1つで、特に男性は手や指先などをよく見ています。

日々のケアをちゃんとおこなえば、ネイルをしていなくても艶のあるキレイな爪になれますし、同時に指先もキレイに見えます。

身嗜みは化粧や服装、髪型だけでなく、こうした細かい部分までやる事が大事であり、女性らしさをアップさせる秘訣です。

ケア商品は比較的安価に揃える事が可能ですし、ネイルする時より時間もかかりません。

また、爪専用ヤスリなどは普段持ち歩けるほどコンパクトなものもありますので、外出先でも重宝すると思います。