小鼻を小さくするための方法は片鼻呼吸!小鼻美人になろう!

人の顔の中でも目って、とても大事ですね。

目が大きいのと小さいのとでは、大きい方が印象が良かったりしますし、キラキラした目は美しなんて

顔の印象を考える時に目は大きな役割がありますが、鼻だってそうです。

目は大きい方が良いですが、顔のど真ん中にある鼻は程よく小さい方がいい。

特に女性は大きな立派な鼻より、ほっそりほど良く小さい方が女性らしい雰囲気をかもし出せませす。

そんな大切な鼻の小鼻を小さくする方法をご紹介します。

1.そもそも小鼻ってどこの事?

鼻の小鼻とは、厳密にいうと鼻翼です。

鼻の頭、目と目の間から下に下がって少し膨らんだ真ん中部分、そこが鼻の頭。

この鼻の頭の横にある膨らみが小鼻です。

鼻呼吸する時の空気の通り道です。

なくてはならない存在ですが、その存在感が大きすぎるとコンプレックスになってしまう事もありますね。

2.小鼻が大きいとはどういう事を言うの?

小鼻が大きいとは、鼻全体のサイズに対して小鼻が大きいという事。

「鼻デカ」なんてよく聞きますが、これは鼻全体が大きい事をさす時もあれば、小鼻の大きさが目立つ時に言ったりもします。

そんなに小鼻は大きくないと、自信をお持ちの方も要注意。

小鼻は加齢や日々の習慣(癖)などでも大きくなってしまうものなんです。

鏡を見ながら、顔の全ての力を抜いてぼぉ~っとした様な顔をしてみて下さい。

鼻もゆるみほんの少し大きくなりはしませんか?これは、顔や鼻の筋肉がゆるむと鼻が大きくなってしまう証拠です。

また、小鼻は軟骨でできているため形が変化しやすいんです。

ティッシュを丸めて鼻の中に詰めたり、鼻の中が痒いからといって指を奥まで入れてかいたりを常にやっていると、

鼻崩れが生じて小鼻が大きくなる可能性もあります。

そんな小鼻を小さくするにはどうすれば良いのでしょうか

3.片鼻呼吸で小さく

片方の手で片側の鼻の小鼻をおさえてゆっくりと鼻から息を吸います。

この時鼻を内側にすぼめる様に意識します。

吸い切ったら、口からゆっくり吐きます。

5~10分ほどやるといいです。

片方が終わったら、もう片方も同じ様にして5~10分ほど行います。

この時あまり鼻に力を入れすぎてもいけません。

小鼻を内側にすぼめる時もゆっくり適度にすぼませる様にしましょう。

この片鼻呼吸に慣れてきたら、鼻を簡単にすぼませる事が出来るようになります。

ながらで両方の鼻をすぼめる事を意識して、たまに鼻をすぼませてみましょう。

一目の多いところでは、おかしな人だと思われがちですから、一人の時間にひっそりと行う事がオススメです。

4.腹筋ならぬ鼻筋トレーニング

親指と人差し指などを使って鼻をか軽くつまみ、鼻の穴を少し狭めます。

その後鼻から空気を吸い込み吸い込みながら鼻をすぼませます。

そのまま指を離し、離してからも鼻をすぼませておきます。

これを5回ほど行います。

この時鼻を強くおさえ過ぎない様に注意して下さい。

鼻が腫れたり、鼻崩れの原因になってしまいます。

カラダも顔も、鼻も筋トレをして引き締める事が必要ですね。

5.冷やしてゆるんだ鼻を引き締める

冷水を手にとり鼻にあてます。

鼻が冷たくなるまで行います。

保冷剤をタオルなどにくるんだもので冷やしたり、冷たい水で冷やしたタオルなどを使うのオススメです。

ゆるんでいた鼻の筋肉を冷やし引き締めてあげるといいわけです。

定期的に行って継続すれば開いた毛穴の引き締めにも効果的です。

あまり、やり過ぎてしまうと鼻が赤くなって赤みが引くのに時間がかかってしまう事があるので注意して下さい。

6.日々の習慣(癖)や、加齢にも要注意

小鼻は、加齢や日々の習慣(癖)などでも大きくなってしまうんです。

大物女優さんなどのビフォー、アフターをもし見る機会などがあったらよく見てみて下さい。

若い頃の美しいほっそりした鼻から少し肉厚になってしまっている事がわかります。

顔にぜい肉がついたり、たるんだりすれば、それは鼻にも起こるんです。

鼻だって顔の一部で同じ皮膚です、顔が太れば鼻も太ります。

顔がたるめば鼻もたるみます。

そのため、顔全体のアンチエインングケアや、顔全体の引き締めケアは大きな小鼻を作らないためにはとても重要です。

また、日々無意識のうちにやってしまう習慣(癖)はありませんか?鼻を長時間ほじほじしてしまったり、

鼻水が止まらないからといってティッシュを鼻に詰めてしまったりと、、、上文にある様に、鼻は軟骨でできているため形が変化しやすいんです。

鼻崩れと言ってもいいでしょう。

鼻の奥を指でいじったりティッシュを詰めて鼻水を止めるのではなく、こまめに鼻をかんでなるべく鼻の中に何かを入れる、

詰めるという行為はさけましょう。

小鼻の大きい人はさらに大きく、小さい人はサイズアップ、、なんて可能性もあるので、いつもの癖が出そうになったら、

「小鼻が」と考え直して別の方法をとってみてはいかがでしょうか?いかがでしたか?小鼻を小さくする方法。

小鼻が気になる人は試してみてはいかがでしょうか?女性は小さなお鼻に憧れるものです。

今の小鼻サイズから少しで小さくなったらいいですよね。