着床時期はいつ!?期間中の症状や過ごし方とは

妊活をしている方は着床時期の大切さを痛感していることと思います。

なぜなら着床時期にちゃんと着床してくれて始めて妊娠となるからです。

では、着床時期はいつ頃なんでしょうか?まず、女性は高温期にはいる前に排卵します。

その排卵した卵と精子が受精することで受精卵ができます。

このあたりが排卵から3日くらいですると言われます。

その後、一週間くらいかけて分化しながら子宮まで移動し、子宮でおさまったら着床となります。

だいたい生理前くらいで着床完了と言われます。

では、この大切さな時期をどのように過ごせばよいのかご紹介します。

1.できるだけ幸せな気持ちで過ごす

ノンストレスだと最高です。

未来にワクワクしたり、感動したり、そして、お友達の子供に会いにいくこともいいでしょう。

イライラしていると血液の流れも悪くなり、イライラさはとくに着床しにくいとも言われます。

いつも笑顔で楽しく幸せであることはとても大切なことです。

ストレッチなどしてストレスを解消するのもいいでしょう。

2.ゆっくり過ごす

ストレスがないことがとても大事とかきましたが、ゆっくり体を休めることがとても大事です。

忙しいと体にストレスがかかります。

そんなことのないようにゆっくり過ごすとよいと言われます。

しかし、仕事がとにかく忙しい方でも授かる方はいるので、一概には言えないのが、正直なところです。

しかし、普段忙しい方は仕事をとても楽しんで忙しくあるか、ちょっと控えめに予定を組むのもいいかもしれません。

3.お腹を温める

排卵後は高温期に入ります。

冷え症の方は着床しにくいと言われるので、とにかく体を温めることがとても大事です。

例えば、生姜やお白湯を飲むことや、冷やすカフェインを控えめにすること、お腹に腹巻をまいて外からも予防することもとても大事です。

高温期はしっかり高い体温を保てることが着床のポイントでもあるので、体温キープをこころがけましょう。

また、お風呂もゆっくりお湯に浸かることも心がけるとよいでしょう。

シャワーだけでは中は温まりにくいですが、湯船につかることで、中から温まります。

また、温かいお湯の中にいることからリラックス効果もあり、ストレス解消にもつながります。

また発汗作用を高めるので代謝があがります。

代謝があがると血流がよくなるので、結果として着床しやすくなります。

4.運動

温めることにもつながりますが、運動することで子宮への血流の巡りがよくなります。

なので、軽いウォーキングをするなど、運動をされることはとてもよいことです。

体温があがることにもつながるので、健康体になれば、高温期も温度があがりやすくなります。

あとは、お風呂上がりに軽いストレッチもよいでしょう。

子宮や骨盤に働きかけるストレッチもありますので、ぜひトライしてみることをオススメします。

5.生活週間

タバコは血流を悪くするので、着床時期はできれば控える方がよいです。

また、過度な飲酒も控えめにする方がよいでしょう。

しかし、お酒を毎晩飲んでても着床していたという方はおられますので、お酒をたてば着床するというわけではありません。

また、お酒をたつことが、かえってストレスに感じてしまうくらいならお酒たちをやめた方がよいでしょう。

あとは、睡眠もきちんと質の良い睡眠をとること、食生活もバランスよくとることなどの日々のライフスタイルの改善が着床につながると言われます。

6.プラスのことをできるだけ考える

妊活していると、病院の先生から言われた何気ない言葉で不安になったり、基礎体温をつけていると高温期から下がって生理がきてしまうことが続くと

体温測ることが怖くなることもあります。

妊娠や出産話を聞くと「もし、このまま授からなかったらどうしよう」と焦ることもあります。

そんなときはついマイナスのことを考えたり不安に陥りやすいです。

気持ちを切り替えることもとても大切ですし、自分の本音を言える人が1人でもいるととても心が楽になります。

プラスの方が血流もよく、子宮の血流もよいです。

マイナスに傾くと血流が滞り、着床しにくくなります。

できれば、プラスのことを考えたり、切り替える力や人の存在を大切に思ってみましょう。

7.妊活を楽しむこと

例えば、マカを取り入れてみたり、高麗人参をとりいれてみたり、ルイボスティーを飲んでみたり、ストレッチや足つぼなど、

妊娠によいとされることを積極的にとりいれてみることも大切です。

病院ばかりにいくことや、1人でタイミングをとるだけにこだわると煮詰まることもあるので、視野を広げることもとても心が楽になるポイントです。

以上、着床時期の過ごし方についてご紹介しました。

これは、一例に過ぎません。

この通りしなくても着床する方はいますし、この通りしても着床しない方もいます。

着床は自分にとってベストなタイミングでくると、妊活されていたママさんが言ってました。

今回着床に至らなかった方は今回はベストなタイミングでなかっただけのこと、次のベストなタイミングのために、

今からライフスタイルの改善をしていく時期なのかもしれません。

もし、今回着床された方は今がベストなタイミングだったと、我が子を愛しんであげてください。