子宮後屈はうつぶせで妊娠しやすい!?子宮後屈の原因や症状とは

子宮後屈って聞いたことありますか?

赤ちゃんが出来にくいとも言われていますが実際どのような症状のことをいうのか、赤ちゃんが出来やすい方法をご紹介します。

1.子宮後屈とはなにか

子宮後屈とは大多数の女性は子宮がお腹のほうに向かって倒れていて、子宮の入り口も前側にあるのですが、

1割の人つまり10人に1人〜2人の割合でいる子宮後屈の方は子宮が背中側のほうへ傾いていて、子宮の入り口も逆をむいています。

同じ子宮後屈でも人によって傾きは違い、やや傾いている人と完全に背中の方を向いている人もいます。

昔は疾患という扱いでしたが現在は普段から痛みなどがなければ特に治療をする必要もなく、

子宮後屈の人は家族に同じく子宮後屈の人がいる遺伝の可能性も高いそうでその人の体質として扱われています。

子宮後傾後屈症や子宮後転症とよばれることもありますが、子宮後屈だとわかるような特有の自覚症状はありません。

2.子宮後屈の原因と症状

子宮後屈になる原因は大きく分けて2通りありす。

ひとつ目が先天性、つまり生まれつき子宮が後屈している人で、子宮後屈の人のうちほとんどの人が生まれつきだといわれています。

お母さんなどに子宮後屈の人がいて生理痛が重い場合は一度婦人科で診てもらうといいでしょう。

骨盤底筋群が弱まることや支配神経の低下によって起こるとも言われています。

ふたつ目が後天性、骨盤内の炎症や子宮内膜症が原因で子宮の後ろ側にある他臓器や骨盤壁(直腸や骨盤腹膜)に張り付いてしまい

後ろ側に引っ張られるため子宮後屈になる人もいます。

こちらは便秘や生理痛、排便・排泄痛、性行痛が症状がとして出る場合があります。

ただ、どちらも前屈の人と比べると生理痛が重かったり腰痛に悩まされる人が多いそうなので不妊で無くても心当たりがある場合は

一度検査してもらうと安心です。

3.子宮後屈の検査・診断

検査方法は内診と超音波検査で簡単にわかります。

内診の場合は膣内に指を入れて子宮の向きをみると同時に癒着があるか、子宮に伝わる痛みなどもわかります。

もしくは超音波検査ですが腹部からのエコーが経膣エコーによって検査することができます。

癒着性が高い場合は癒着の原因を特定する為の検査も行います。

4.子宮後屈の治療法とは

子宮後屈は絶対治さなければいけないことはなく、むしろ治療は必要ないと言われています。

生まれつきの人は妊娠や出産をすると治る場合があります。

しかし子宮内膜症や骨盤内膜炎が原因の場合は生理痛が酷くなったり出血量が多くなるので手術で癒着を剥がすことがありますが、

まずは原因となる病気を治してからの治療になります。

また、手術をしない場合でも整体で骨盤の位置を調節することで症状が緩和され、

子宮も後屈の角度が前向きへ緩和することで妊娠もしやすくなると言われています。

骨盤の位置を整えるのと同時に生まれつきの人は骨盤底筋を鍛えるのも効果的だそうです。

5.子宮後屈は不妊の原因なのか

子宮後屈は少しまえまで不妊や流産の原因になると言われていましたが現在は関係ないという説もあります。

しかし、子宮内膜症や骨盤内膜炎が原因の場合は元のこの2つ自体が不妊の理由になるので不妊に繋がると考えられます。

生まれつきの場合でも物理的に子宮後屈は前屈よりも精子が子宮内部に入って行きずらくなり、

入って行けても着床前の受精卵が長く留まらず下へ落ちていってしまうので着床する時間が短く着床しにくいでしょう。

ただ、子宮後屈でも妊娠できたという方はたくさんいるので悲観的になったり焦る必要はありません。

6.妊娠しやすくする為にうつ伏せは有効か

上に書いた通り子宮後屈は多少妊娠しにくいのかな、と思いますが妊娠しやすくする為に実践的な方法だと性行為のとき、

または性行為後にうつ伏せになるというのがあります。

これは前屈と後屈の子宮入り口前にあるくぼみと子宮入り口の向きの違いに関係していて、

子宮後屈の人の入り口前のくぼみに精子が溜まった時に仰向けの状態だと子宮入り口に触れない為子宮内に入って行けません。

そうするともちろん受精もできません。

なので、性行為中は仰向けでいても性行為後は10分〜30分しばらくの間うつ伏せになって休憩することが有効的です。

子宮後屈の人で性行為の体位をバックや後即位をする人もいますが、

バックの場合男性も四つ這いにならなければならない為女性が足を伸ばしている状態に覆い被さる形のバックがいいそうです。

7.妊娠できた場合の出産方法

子宮後屈の状態で妊娠できた場合、生まれつき子宮後屈の人はよっぽど後屈していても妊娠によって治る場合もありますし

大体は自然分娩が可能ですが、何かしらの理由があって後屈して癒着がある場合は帝王切開で出産する可能性が高いです。

子宮後屈でも重く考えずに妊娠するまでにお医者さんに相談してアドバイスを求めたり、

自分の身体を知る為にも取り敢えず検査することも妊娠に繋がります。

他にも腰の下に枕を置いたら妊娠した方などもいるようですのでいろいろチャレンジしてみる価値ありです。