フローリングをワックスや掃除機で綺麗に掃除する方法

洋風の家が増えたことで、家の中の至るところがフローリングというご家庭も多いことでしょう。

畳の場合は、掃き掃除や掃除機だけでほとんど解消される掃除ですが、

フローリングは汚れや物を引きずった跡なども残ってしまいがち。

また結構な範囲で家中を占めているので、お掃除も大変なことがありますよね。

そこで、フローリングを綺麗に掃除する方法をご紹介しましょう。

1.まずはフローリング専用ワイパーから

フローリングの多い家庭では、一台はあるであろうフローリングワイパー。

専用のシートを設置して、これ一つで掃除をしているご家庭も多いことでしょう。

このワイパーを使用しての掃除のメリットは、簡単に短時間で掃除が出来るといった点です。

またドライタイプやウェットタイプが市販されているので、用途によって使い分けると良いでしょう。

もしも掃除機を一緒にかけるのであれば、先にこのフローリングワイパーで、

あらかじめ大きいホコリなどを除去しておくことが大切です。

掃除機だけに頼ってしまうとホコリが宙に舞ってしまうために、

掃除を終えた後に、また舞ったホコリが床に落ちてしまうためです。

まずは、フローリングワイパーを使用して、余計なホコリを取り除くことから始めると効率が良いでしょう。

また、ドライタイプは掃除機の後などの仕上げに使用するとさらに効果的です。

2.頑固な汚れには、洗剤を使おう

小さなお子さんが家にいる場合、至る所に落書きをしてしまったり、

時に色々なものをこぼしてしまうことで、頑固な汚れに繋がってしまいますよね。

頑固な汚れは、掃除機やワイパーで落とすことが出来ず、時間が経てば経つほど、

汚れはこびりついてしまい落ちにくくなってしまいます。

こうした時は、中性洗剤を使用して、汚れを浮かしてからこすることで、

結構簡単に汚れを分解して綺麗にすることが出来るのです。

中性洗剤は食器洗い用の洗剤にも使用されているため、汚れを分解するのに適しています。

また必ず自宅にあるものですので、わざわざ購入しに行かなくても代用がきくところがメリットでしょう。

黒くなってしまった汚れなどは、洗剤で浮かせてからふきあげることで、スッキリと綺麗になります。

3.週に2回は雑巾で掃除を

出来れば、週に2回はモップだけではなく雑巾を使用して水拭きしてあげることも大切です。

これは汚れを頑固にしないため、またモップでは行き届かない箇所まで自分の手で掃除することが出来ます。

特に部屋の角やフローリングの板の目の間などは、ワイパーなどでは取り除くことが難しいので、

そこにホコリが溜まりやすくなってしまうのです。

雑巾がけをして、さらに部屋の風通しを良くしておくことで、フローリングもすぐに乾きますし、

綺麗な状態をさらに保つことが出来ます。

また主婦は運動不足になりがちですが、雑巾がけはかなりの運動量であることが知られています。

掃除をしながらエクササイズをかねて、まずは週1、慣れてきたら2回は行いたいものです。

4.半年に一度はぜひワックスを

結構大がかりな作業なため、なかなかワックスをかけるご家庭は少ないかもしれません。

しかし、ワックスにはフローリングを綺麗に保つための手助けをしてくれるので、

一度試してみるとその効果を実感出来る事でしょう。

まずは天気が良く、ある程度風がある晴天を選びます。

ワックスをかけた後は乾くまで足を踏み入れることが出来なくなるので、

出来れば外出前に済ませてワックス終了後に放置することが出来るようにします。

ワックスをかけることによって、フローリングがコーティングされるために、

汚れが直接つきにくく、拭くだけで落ちやすくなります。

また見た目もよくなり、ピカピカで光沢感が出るため、掃除をするたびに効果が見られるでしょう。

普段の掃除を少し楽にしてくれることも期待出来ますので、半年に一回やっておくと毎日が楽になることでしょう。

しかし、フローリングの種類などによってはワックスをかけられないタイプもありますので、確認してから行いましょう。

5.自動掃除機を使用する

今の時代はルンバなど、自動で掃除をしてホコリを隅々まで取り除いてくれるという

画期的な製品が売られるようになっています。

仕事で時間がない、小さい子供から目を離して掃除することが出来ない人にとってとても素晴らしい便利な商品です。

また、外出中でも勝手に掃除をこなしてくれるので、面倒くさがりな方でもかなり綺麗な状態を常に保つことが出来ます。

もしも、上記のような方法でフローリングの掃除をするのが難しい場合は、こうした機械を頼っても良いでしょう。

フローリングが多い家の場合で、こうした夏時期に来客があった場合、中には素足で来られる方もいられます。

そうすると、畳などとは違い、足の裏が黒くなってしまったり、ホコリが付着してしまったりと、

お客さんにも不快感を与えてしまうことがあります。

帰ってから言われないためにも、常日頃からこうしたフローリング掃除を心掛けておくと、

毎日快適に過ごすことが出来ます。

今日から初めてみてはいかがですか?