二日酔いの頭痛と吐き気を解消する食べ物や飲み物とは

秋は美味しい物の季節で、食事と共についお酒も進みがちです。

また、色々なイベントの打ち上げなどで飲みすぎることもあるでしょう。

翌日に二日酔いで頭痛や吐き気が治まらなくて困ったことはありませんか?

今回はそんな二日酔いの頭痛と吐き気を解消する食べ物や飲み物をご紹介します。

1.二日酔いでの頭痛や吐き気の原因は?

二日酔いで起こる症状の原因を見てみましょう。

大きな原因の一つは、飲酒による脱水症状です。

お酒でたくさんの水分を摂っているように思うでしょうが、アルコールには利尿作用があって体内の水分をどんどん排出します。

そこで知らぬ間に脱水症状が起き、頭痛がしたり吐き気を催すのです。

また、アルコールによって肝臓が体に必要な糖分を作り出せなくなり、低血糖症に陥ります。

頭痛や意識の低下につながります。

このような状態に加えて、体内のアルコールを分解するときにできるアセトアルデヒドという物質が肝機能をさらに低下させます。

このような二日酔いの症状を解消するには、どのような食べ物や飲み物が良いのでしょうか。

2.スポーツドリンク

スポーツ時にとても喉が乾いたら、スポーツドリンクを飲みたくなりますね。

これは乾いた体に素早く吸収されるからです。

同じように二日酔いで脱水症状を引き起こしている体にはスポーツドリンクが良いのです。

飲酒に伴う利尿作用によって大量に排泄され、体内の水分と共に糖分やミネラルも失われています。

そこでこれらを効率よく吸収できるスポーツドリンクを飲むと、疲れた肝臓の回復を助け、二日酔いの症状が解消されていくのです。

3.シジミの味噌汁

昔からお酒の後の体にはシジミが良いと言われてきました。

それにはちゃんと理由があるのです。

シジミにはタウリン、アミノ酸、ビタミンB2、鉄などの栄養素が豊富に含まれています。

中でも注目はタウリンです。

タンパク質の一種で、アセトアルデヒドの分解に役立ち、肝臓の働きを助けると言われています。

そしてそのシジミを味噌汁にすることでさらに効果がアップします。

味噌にはアルコールが肝臓内で脂肪になって蓄積されるのを防ぐ働きがあるのです。

また、栄養素も豊富で、飲酒によって疲れた肝臓や胃を回復させると共に、他に入れる具によっても栄養を摂って体力回復に役立つのです。

二日酔いで食欲がない時でも、味噌汁なら口にすることができるでしょう。

4.フルーツ類

辛い二日酔いの解消の手助けとして、フルーツも見逃せません。

手軽に取れ、種類によって色々な効果が期待できます。

■グレープフルーツ

体力回復に良いとされるクエン酸やビタミンCを多く含みます。

フルクトースという糖類はアルコールの分解に効くと言われています。

果実を食べたり、水分豊富な100%ジュースも良いでしょう。

■トマト

リコピンという成分がアセトアルデヒドの働きを抑制すると言われ、クエン酸も豊富です。

もちろんトマトジュースも効果があります。

■柿

かなり高い栄養価があり、ビタミンCも豊富で、体力回復を助けます。

また、タンニンとカタラーゼという成分がアルコールを分解する働きを助け、この効果は干し柿にも同じように含まれます。

この他にもたくさんのフルーツに体力回復や水分補給の効果が期待でき、手軽に食べられたり、ジュースで摂ることができるなど、

利点が多いので、二日酔いの解消には積極的に利用すると良いでしょう。

5.はちみつ

二日酔いの頭痛にははちみつを舐めると良いと言われています。

はちみつに含まれるブドウ糖はすぐに体内でエネルギーになり、体力回復につながります。

また、フルーツ類にはほとんど含まれていないはちみつの果糖が、頭痛を引き起こすアセトアルデヒドの分解を促進させると言われています。

また、胃などの弱った粘膜にもはちみつが作用し、お腹の動きも活発にして代謝を助けます。

はちみつはそのまま舐めても良いですし、お湯や温かい飲み物に溶かす、フルーツジュースやヨーグルトに混ぜて摂るなど、便利な食品です。

6.梅干し

これも昔から二日酔いの特効薬のように思われている食品です。

梅干しは胃の粘膜を保護し、アルコール摂取で荒れた胃を修復してくれます。

ピクリン酸が多く含まれ、肝臓の機能を活性化させるのに役立つとされます。

クエン酸も豊富で、体の疲労回復やだるさを解消してくれると言われています。

梅干しは常備しやすく、調理する必要もなく手軽に摂ることができます。

二日酔いで食欲がない時に、おかゆに混ぜたり、そのまま口に入れても摂ることができます。

また、梅干しでなくても梅製品は良いとされ、ジュースやジャムなどで摂ることもオススメです。

以上見てきたように、色々な食べ物や飲み物が二日酔いの不快な症状の解消に役立つことが分かりました。

また、その食品の摂り方にもいろいろと工夫できることが分かったと思います。

せっかく楽しくお酒を飲んだら、できるだけ二日酔いの症状を起こさないように、体に優しい食品でいたわってあげましょう。