汚れやすい網戸を簡単綺麗に掃除する方法

網戸って知らない内にとても汚れてしまいますよね。

毎日必ず目にする箇所だからこそ綺麗に掃除し、気持ちも綺麗でいたいですよね。

しかし網戸はどう掃除したらよいのか、誰もが一度は悩んだことがあると思います。

1.食器洗いスポンジ、洗剤で洗う

網戸が汚れる原因はホコリや花粉、タバコのヤニなどどれも落としにくい汚ればかりです。

そのため、軽くスプレーをして吹き上げるだけでは根本の汚れ改善にはなりません。

そこで簡単に網戸を掃除できるのが、食器洗いスポンジです。

洗剤も食器を洗うもので全く問題ありません。

食器洗いに使用する洗剤やスポンジは元々強い油汚れをおとすこともできるほど強力です。

気になる匂いも取ってくれる物であるにも関わらず、安い金額で用意することが出来ます。

それでは、掃除方法を紹介します。

1.スポンジに食器洗い洗剤を染み込ませて網戸を優しくこすりあげます。

※洗剤が垂れてくる可能性が高いため、窓枠の下に新聞や雑巾をおいておくと良いです。

※汚れが多く、気になる場合はスポンジを二つ使用し、挟むようにして作業しましょう。

2.水を入れた霧吹きで、洗剤を洗い流しましょう。

3.新聞紙で優しく水気を取り、完成です。

ここで大切なことは網戸を破らないように優しく作業することです。

普段気軽に掃除できない場所だからこそ、網戸の状態が弱っていることもあります。

掃除しているうちに、網戸を壊さないように気をつけましょう。

2.掃除機でホコリを吸う

網戸を掃除したいけど、掃除中に網戸を壊したくない。

簡単に網戸のホコリや花粉を取るだけで良い。

という方にオススメな方法です。

毎回毎回網戸をスポンジで洗い上げていたら、手間も時間もかかり面倒ですよね。

毎日簡単に手入れができる方法は掃除機でホコリを吸うです。

1.網戸を取り外し、網戸に新聞紙を貼り付ける。

※新聞紙が網戸から外れないように出来れば問題ありません。

2.新聞紙の上から掃除機をかける。

こんな簡単な方法で、ホコリや花粉・タバコのヤニ等を取ることができます。

網戸を直接掃除機で吸ってしまうと、網戸が壊れるだけでなく掃除機の風力で落としたい汚れが散乱します。

そこで新聞紙をかけることにより、汚れを飛ばさずに確実にお手入れすることが出来ます。

新聞紙がない場合はちらしでも可能です。

3.市販の洗剤や道具を使用する

上記の二つは自分自身で簡単に網戸のお手入れが出来る方法です。

しかし、現在では市販にて網戸の掃除用品が販売されています。

普段時間がなくて、掃除にばかり時間を使えない。

もっと簡単にお手入れできる方法はないのか。

ここで市販の洗剤や道具を使用することがオススメです。

市販の洗剤の中には、霧吹きで汚れを落とせる物もあります。

霧吹きをかけるだけで、簡単に汚れがおちてきますのであとは新聞紙などで汚れを取るだけです。

また、ウェットティッシュのように汚れをシートで取るだけの物も販売されています。

自分の生活スタイルに合った網戸の掃除が出来たらストレスなく、取り組み事ができます。

低価格で手に入れることが出来るかと思います。

上記3点が

網戸を綺麗に掃除する方法

です。

今回は自分で簡単に低価格で網戸を掃除できる方法を意識してまとめました。

普段掃除しない箇所に、1からお金をかけていたらストレスになってしまいますので

低価格で誰しもが出来るような方法をご紹介いたしました。

是非、この方法を実践し、綺麗な網戸を手に入れましょう♪