モラハラ妻の特徴をチェック!離婚されないための改善法とは

この人のために、この人と一緒なら、、なんて淡い乙女心を抱いたあの日はどこへやら、、気づいたら夫を責め続ける毎日。

気のすむまで夫をののしり続け、夫の気持ち、感情などないものだと思ってた。

そんな風に愛すべきご主人様を扱ってはいませんか?

無意識のうちにあなたもモラハラ妻化しているかも。

今回はモラハラ妻の特徴や離婚されないための改善法をご紹介します。

1.モラハラ妻の特徴って?

モラハラ=モラルハラスメント。

暴力などは使わずに、言葉や態度で相手を精神的に追い込むこと。

男性が女性に、、だけではありません。

今や、モラハラは妻が夫にする事も少なくはないのです。

自分は違うわ、、自分ももしかしたら、、なんて思っている人いませんか?モラハラ妻の言いがちな言葉、、あなたも使ってはいませんか?

「何だまってるの?何とか言いなさいよ」「誰が悪いの?あなたでしょ」「男のくせに、、」「口答えしないで」などなど、

ケンカの最中はつい興奮して誰でも言ってしまいそうな言葉ですが、無意識のうちに男性の傷つくポイントを得てしまっている女性は、

無意識にこんな丸裸のひどい言葉を言ってしまうのです。

そしてこんな罵声を、自分の気のすむまで何時間でも浴びせ続ける。

これがモラハラ妻です。

たとえ夫が「わかった」とうなずいても「わかってない」と言ってやめる事はなく、

「わかったんだったら、何がわかったか言ってみて」などと言って終わりなき罵声を浴びせる。

こんな事をしてはいませんか?

2.モラハラ妻化してしまう女性の特徴

結婚してみなければ、自分がモラハラ妻になるかどうかなんてわからないと思っていませんか?モラハラ妻化しやすい女性の特徴があるんです。

常に自分がただしいと思っている。

他人の幸せが大嫌いで、ひがみっぽい。

常に自分の枠に他人をはめたがり、価値観の違う人をわかってあげようとはしない。

意地っ張りで素直に謝る事を知らない。

ストレス発散方法を持ってなく、趣味もほとんどない。

などなど、とにかく自分の枠が決まっていてその枠を広げる事も形を変える事もできない、、柔軟性がなくプライドの高い女性は要注意です。

愛する夫との長い生活の中で、気に入らない事が積み重なるとその本性は勢いよく出てきてしまうかも。

3.モラハラ妻を持つ夫の内心はいかに?

モラハラを受けても最初は、女性特有のヒステリー、、妻の気が済むなら自分が我慢しよう。

なんて寛大な気持ちでいてくれた夫も仏ではありません。

毎日毎日罵声を浴びせ続けられれば、その寛大な気持ちを長くは持てやしません。

帰宅時の電車の中では、「帰りたくない、、」「帰ってもまた、罵声を浴びせられるだけだ、、」なんて思っているはず。

ケンカになれば、「こうなったら、何を言っても無駄。

このまま黙ってやり過ごそう、、」そうやって、モラハラ妻への気持ちは離れていくのです。

そして心の中で叫ぶのです。

「もう、うんざり」と。

そして、夫は密かに離婚を企むかもしれません。

モラハラの証拠は集めにくいものです。

DVの様に、カラダにアザが残るわけでもない、骨が折れるわけでもない。

だから、夫は密かに密かに時間をかけてモラハラの証拠集めに入るかもしれません。

モラハラ妻の放つ、罵声をメモし、何時間と続くののしりをICレコーダーに録音するのです。

そういう時代です。

4.モラハラ妻が、夫から離婚届けを突き付けられないために

モラハラ妻になり、夫からある日突然「離婚してくれ、証拠は揃ってる」なんて言われたら、冷や汗ものです。

そうならないためにやるべき事は、モラハラをやめるしかほかなりません。

でも、モラハラ妻だと気づいてない人も多いはず。

だから、少しでも自分もモラハラ妻かも?なんて思い当たる節のある人は気を付けたい。

自分の考えが全て正しいという身勝手な考えは今すぐ捨て、夫に対して気に入らない事があっても、攻め立ててののしるのではなく、

優しく指摘したり相手を諭す様な穏やかな気持ちを持ってみては?

もしかしたら、パートナーもそんな優しい口調に思いもよらぬ素直な態度をとってくれるかもしれません。

脅したり、下に見る様な発言をするのではなく、わかって欲しいという思いを含ませる様な言い方をする。

自分が大変であっても、夫も大変なんだと理解してみる。

夫に対して頭にきても、夫も私に対して頭にきているんだと考えてみる。

言い合いになった時、夫が少しでも反省の色を見せてくれた時はそれを受け止め、攻め立てる自分を止める努力をしてみる。

などと、自分の気が済むまで相手を攻め続けるのはやめてみましょう。

一度くらいは「さっきは言い過ぎたかな?」なんて気持ちがよぎった事はありませんか?

その気持ちを大切に歯止めのきかない自分を抑える事を覚えて、夫に密かに離婚を企まれるモラハラ妻なんて今日限りでやめたいものです。

他人同士がひとつ屋根の下に暮らすとは、難しい事ですね。

新婚当初の様な愛が覚めた時、穏やかで大人な自分でないと相手を責める事ばかりしてしまいます。

自分の幸せのためにもパートナーに優しく接する事はとても大切な事ではないでしょうか。