肩こりの原因は筋肉痛や血行不良!解消のためのストレッチ方法とは

成人すると少しずつ体のあちこちに不調を感じるようになりますよね。

不調箇所は個人によって異なりますが、多くの人を悩ませる代表的なものに「肩こり」があります。

なぜ肩こりが起きてします原因と解消方法をご紹介します。

1.まず肩こりを知ろう

肩こりと向き合うには、まずその原理を理解あうるところから始めてみましょう。

まずは一番多い原因でもある「疲れ」です。

肩は筋肉でできているので、一日動いていた・重いものをずっと持っていたなど、筋肉が疲れると肩こりになります。

足は疲れると筋肉痛になりますが、肩の筋肉痛って想像つきますか?おそらく今頭でイメージしたものが肩こりです。

次に「血行不良」です。

運動不足などで筋肉が固くなり、肩こりになってしまいます。

他には「末梢神経のダメージ」です。

これは本格的な慢性肩こりの人に見られる症状です。

それぞれの解消法は以下でご紹介します。

2.疲れからくる肩こり

一番は体を休ませながら行うことですが、なかなか難しいですよね。

そのときはそんなでもないので、時間が経過すると気が付くことも少なくありません。

そんなときは、幹部をしっかり温めてみましょう。

血流をUPさせて、こりの改善をしてくれます。

また、腕を肩から大きく前まわし10回・後ろまわし10回行うと、筋肉が刺激されます。

しかし、痛い箇所の筋肉を刺激するので、痛みを感じる場合は無理をせずに行ってください。

固まってしまった部分は動かしてあげることで改善につながりますよ。

3.血行不良からくる肩こり

全身の血行が悪くなると、肩こりを感じることがあります。

この場合は、幹部だけではなく体全身をしっかり温めてあげることで改善されます。

日常のなかであれば、かるくストレッチをしたり、運動をすることです。

運動とはいえ、腹筋や背筋ではなく、ランニングやウォーキングをすることで、血流がUPしてくれます。

あとお風呂の際にシャワーで済ませずにしっかり湯舟につかることもポイントです。

体の芯から温めてくれるので、簡単に全身をぽかぽかにしてくれます。

湯上りにストレッチができたら、効果は倍増です。

4.末梢神経のダメージからくる肩こり

これは自己判断では難しいので医師の診断になりますが、慢性的だと可能性としてありえるそうです。

この場合は医師の判断で、温めるのか?冷やすのか?動かしていいのか?

など、細かい指示をだしてもらうので、決して自分の判断でいろいろ行わないことです。

また、必要に応じて薬を処方される場合もあるので、その際は飲み忘れに注意しましょう。

5.肩こりで意識するといいポイント

肩こりの際に、こっている幹部を直接マッサージすることもリラックスにつながりますが、

実は「肩甲骨」を意識すると、かなり変化を感じられるのです。

みなさんは肩甲骨をご存知ですか?背中の肩のしたにある大きな骨です。

よく「天使の羽が昔はえていた跡だ」とも言われている骨です。

骨の一が確認できたところでイメージしてください。

この骨って日常の動きの中で、大きく動く機会ってありますか?よく考えてみると、意識しないとなかなか大きく動くことのない場所です。

そこを意識して筋肉を大きく動かしてあげると、血流がUPすると同時に、筋肉を大きく動かすので肩こりの予防にもつながります。

6.肩こりの放っておくとどうなるのか

まあいいや…と放っておくと、血行不良から「首こり」と「頭痛」を引き起こすかたが多くいらっしゃいます。

併発してしまうと、常にだるく感じたり、気持ち悪くなったり、中には睡眠障害を起こす場合も…このように話が大きくなる前に、

肩甲骨を意識してマッサージをしたり、体の変化にすぐ対応して悪化をしないようにしていけたら一番いいですよね。

7.なぜ同じ箇所が痛くなるのか

これにはもちろん筋肉の使用量にもよります。

しかしそれだけではなく、実は一度肩こりがおこると体が覚えていて、同じ箇所はこってしまうという現象があるのです。

だからいつも同じ場所が痛くなってしまうそうです。

特に末梢神経に傷がついてしまったときは、必ずというほど同じ箇所が痛くなってしまうので、たかが肩こりと認識をせずに、

しっかり向き合って早期解決することが大切になりそうですね。

体の不調は、痛みを伴うこともあり、不快感=ストレスになってしまいます。

ストレスがかかると、人間の集中力は切れやすいといわれています。

たった肩こりひとつでも、そこから巻き起こす二次災害はたくさいい隠れています。

少しでも違和感を感じたら、すぐにマッサージをしたり、お風呂でゆっくり体をあたためたりして、すぐに対処するようにしましょう。

それでも改善が感じられないときは我慢をせずにすぐに病院に行くようにしましょう。

湿布はもちろん、塗るタイプの湿布や、飲み薬などその人の生活スタイルに合わせたものを用意してもらえますよ。