血行を促進するため食べ物、栄養素とは!?血行良くする方法は温めること!

血液は体中をめぐって、必要な栄養分を体に配り、不要な老廃物を引き取ってくれる働きをしています。

ですからこの血液の流れ(血行)が悪いことは、万病の元とも言われています。

では、どうしたら血行が促進されるのでしょうか。

今回は血行促進に効く食べ物や方法をご紹介します。

1.血行促進に効果あり。摂取すべき栄養素はこれ

まずはビタミンCです。

ビタミンCの効能は美容面で知られていますが、血中コレステロールの代謝促進や、抗疲労作用、鉄の吸収などの効能もあります。

ビタミンCは血液をサラサラしてくれたり、疲れにくい体をつくってくれたりする、頼れる栄養素です。

積極的に摂取しましょう。

ビタミンBも血餅の予防や溶解作用が期待できる栄養素で、血行をスムーズにしてくれます。

また抗酸化作用で老化防止にもなるうれしい味方です。

またパントテン酸という聞きなれない栄養素も善玉コレステロールを増やして、血液の余分なコレステロールを排除し、

適正なコレステロール値を保つ働きをしてくれる大切なものです。

他にも筋肉や熱を作るタンパク質やミネラルも大切。

偏ることなく、バランスよく栄養を摂取するということが結局は一番大切なのかもしれませんね。

2.冷えを防止し、体を温めることで血行促進できる食材はこれ

冷えは女性の大敵。

体が冷えてしまうと、血液の中に余分な脂肪がたまってしまい、血液がドロドロになってしまいます。

こうなってくると、酸素や栄養を運んでくれるという血液の機能も弱くなってしまうし、血行も悪くなります。

血液の流れが悪くなると、体のすみずみまで栄養素を運べなくなるので、体の機能が落ちていき、病気になってしまうのです。

ですから身体の“冷え”を解消することは血行改善のために有効と言えます。

身体を内側から温める食べ物を摂ることで血行を改善させましょう。

漢方の世界では体を温める食材を「陽」の食材といいます。

その特徴としては色が濃いもので、寒い地方や寒い季節に育ったもので、水分が少なく、塩分が多いものだそうです。

例えば、玄米や豆類、しょうが、ネギや玉ねぎ、にんじんやレンコン、ゴボウなどの根菜類、みそや漬物、

納豆などの発酵食品、にんにく、とうがらし、ほうじ茶などです。

有名なのはしょうがですよね。

昨今しょうが入りの飲み物やスープが数多く市販されています。

3.体を冷やしてしまう食材は?

血行を促進させたい人は、体を冷やすことは禁物です。

体を冷やしてしまう食材は「陰」の食材と言われており、色が薄くて、暑い地方や、暑い季節に育ったもので、

糖分や水分が多く含まれるものは過剰摂取を控えた方がいいでしょう。

例えば、パンや白米、バナナ、メロン、スイカ、パイナップル、トマト、きゅうり、レタス、もやし、アイスクリーム、

チョコレート、ケーキ、あんぱん、化学調味料、ちくわ、かまぼこ、緑茶、コーヒーなどなど。

こうしてみると、女性の大好物が並んでいるようですね。

食べてはいけないというわけではありません。

あくまでも過剰に摂取するのを控えましょうということです。

体の冷えは血行を悪くする大きな原因のひとつですから、注意していきたいものですね。

4.血行促進してくれる飲み物は?温かい飲み物ならいいの?

当然ながら冷たい飲み物は冷えの原因になります。

しかし温かいコーヒーや緑茶にはカフェインという血行を促進してくれる効果のあるのものが含まれているはずなのに、

なぜ血行促進には不向きなのでしょう。

それはコーヒーや緑茶には利尿作用があり、体を脱水させてしまいからだそうです。

温かいお茶もコーヒーも冷たいものもだめなら一体何を飲めばいいのでしょうか。

先にも挙げたほうじ茶以外にもオススメの飲み物があります。

それは麦茶です。

麦茶にはエイコサペンタエン酸(EPA)という物質が豊富に含まれており、血行を促進してくれる作用があります。

またこのEPA以外にも麦茶の香りに含まれたピラジンという成分が血行改善に効果があるそうです。

他にもしょうが湯がオススメです。

しょうがをすりおろした上からお湯をそそぎ、そこにはちみつなどをお好みで加えて飲んでみましょう。

体ばぽかぽかしてきて、体に血が巡る実感がわいてきます。

5.血行促進するための生活とは

血行を促進するためには、食べ物などに気を付けて体の中から改善していくのが効果的ですが、

他にも日頃の生活習慣を変えることで血行を促進することが出来ます。

一番理想的なのは、規則正しい生活をしながら、質のいい睡眠をしっかりとり、バランスいい食生活を続けることです。

それに加えて、適度な有酸素運動やストレッチや筋トレ、半身浴やマッサージを行うといいでしょう。

またストレスがかかると血管が収縮してしまいます。

ストレスをためず、リラックスできる方法を何か持っていることも大事です。

余談ですが、下着や洋服で常に体を締め付けているのは血行を促進する邪魔になります。

ゆったりとしたパジャマを着て休むこともいいかもしれないですね。

いかがでしたでしょうか。

血行不良は、万病の元です。

しかも生命の危機になるような大病の原因ともなり得るとても怖い状態です。

しかし、このように日常的に少しずつ気をつけていけば改善できるかもしれない症状です。

努力や心掛け次第で健康になれる、命を守れるのですから、試してみる価値はあります。

あなたも今日から是非血行促進生活を始めてみましょう。