授乳服の選び方で重要なことは授乳口の開けやすさ!

赤ちゃんがまだまだ小さいうちは、数時間おきに授乳があって、寝不足になりますし、あっという間に次の授乳時間で忙しいですよね。

ママの洋服もいちいち脱いでいたら大変です。

そんなときにお役立ちなのが授乳服です。

数着は持っていた方が便利です。

授乳服が必要な理由とその選び方についてご紹介します。

1.授乳服が必要な理由とは?

もちろん、昔は授乳服なんてものはありません。

ですからなくても子育ては出来ます。

しかし、持っていた方が何かと便利です。

それは、いつでもどこでも、赤ちゃんはおっぱいがほしくなったら泣いてしまい、待てないからです。

だからといってふつうの洋服を着ていたら、その場で脱いで授乳することは難しいですよね。

近くに授乳室があればすぐに対応できますが、授乳室もどこにでもあるわけではありません。

そんなときに、ママのオッパイを見せないように、全部脱がなくてもいいように授乳ができる洋服が授乳服です。

オッパイの部分だけ、ペロッとめくればオッパイが出せたり、スナップやファスナーで開け閉め出来る優れものもあります。

この授乳服があれば、部屋の隅っこで授乳できますし、皆がいる前なら授乳ケープをかぶってから授乳しちゃえば、恥ずかしくなく対応できます。

私は絶対に授乳が終わるまでは遠出のお出かけしないと決めているママもいるでしょう。

しかし、急な冠婚葬祭、突然の病院通いなど急に赤ちゃんを連れて数時間外出せざる負えない時もあるのですから、最低でも一つは授乳服があると気持ち的にも楽ですよ。

2.冬生まれの赤ちゃんなら絶対必須

授乳する時間は必ず家にいるようにできるママもいるかもしれません。

しかし、冬生まれの赤ちゃんなら冬場の夜中や明け方の授乳には授乳服があった方が寒くないです。

そのくらい我慢できると思うかもしれませんが、ママは実はまだ体力的には回復しきってない上に日々の授乳や家事と育児で体は疲れ切っていますから、こんなところで風邪を万が一引いたら大変です。

暖かい状態で授乳できるに越したことはありませんから、冬生まれの赤ちゃんや寒い地方で生活をされている方は授乳服パジャマがあるととっても快適です。

いったん温まった状態で夜中に起きて、上半身薄い洋服での授乳は本当に寒いし辛いです。

お部屋を暖房を入れているかもしれませんが、赤ちゃんの事を考えたら、あまり暖房を入れすぎていると空気が悪くなったり乾燥する原因にもなるのでほどほどにしたいところです。

冬場の授乳服は重宝しますから是非用意しておきましょう。

3.授乳服は授乳口が開けやすいことが一番

授乳服はどのようなものを選べばいいか悩みますよね。

いろいろなものがありますが、なんといっても授乳口といってママのオッパイが出せる場所の開閉がしやすいことが一番です。

もたもたしていると赤ちゃんは泣いたりぐずりだします。

それに、母乳がたくさん出るママはもたもたしている間に母乳が漏れてしまうことが多いです。

ささっと開け閉め出来て、開き方が大き目な方が授乳しやすいです。

乳首のところしか出ないと、赤ちゃんが吸いずらいですし、なかなかおっぱいをくわえることが出来ません。

そして柔らかい素材のものがオススメです。

赤ちゃんのお顔が付きますので、柔らかいものや天然繊維などがいいですね。

4.オシャレ授乳服も是非

授乳のしやすさばかり追求していると、飽きたり、着たくなくなります。

また、子連れで人と会うお出かけの時には、オシャレな外出用の授乳服があるといいでしょう。

最近は子育て関連商品を置いているお店が多いですし、ネットにも売っていますから、探して見て下さい。

オシャレな授乳服は授乳が終わった後でもずっと着られますよ。

ワンピースタイプが華やかに見えてオススメです。

結婚式でもアクセサリーや飾りなどをプラスして使えちゃいますよ。

授乳服は絶対になくてはいけない物ではありませんが、確実に有った方が便利なアイテムと言えます。

出産前にお気に入りの1~2着を探しておくと良いでしょう。