汚れて汚い流し台をピカピカ綺麗にする掃除方法

キッチンの流し台は、毎日お料理をする大切な場所。

きれいでピカピカのキッチンはとても気持ちの良いものですし、それだけでお料理する時の気分も変わります。

しかし、少しでもお掃除の手を抜くと、どんどん汚れが落ちにくくなるばかりか、カビや悪臭が発生する原因にもなります。

いつもきれいなキッチンの流し台でありたいものですね。

1.流し台が汚れる原因その①水アカ、石鹸カス

キッチンの流し台に、白い筋のような汚れが固まっているのは、水アカや石鹸カス、

あるいは水道水のミネラル分が固まったものによるものです。

水滴を残すと、水分だけが蒸発して水道水の中に含まれているカルキなどが残ってしまって、水アカとなるのです。

そのため、お料理をしなくても、水を流すだけでキッチンの流し台は汚れていってしまうのです。

2.流し台が汚れる原因その②食べ物による汚れ

食べ物の下ごしらえをする時、お魚やお肉などのドリップや、野菜についている土、

また食品の色素などによってキッチンの流し台に汚れが付いてしまいます。

特に、色素の強い食品の場合、汚れをそのままにしておくと、流し台が変色してしまいます。

また、お魚やお肉のドリップには細菌が含まれているため、お掃除しないままでいるとお料理に細菌が付着して食中毒を引き起こす危険性があるのです。

見た目だけではなく、衛生面においてもきれいなキッチンの流し台を心がけたいですね。

3.毎回の流し台のお掃除

キッチンの流し台は毎日使う場所ですので、使うたびにお掃除をしたいものです。

ですが、いろいろと大変な作業をしていては毎日、毎回お掃除をするのは大変なことになってしまいますね。

どんなものでも同じですのですが、汚れはすぐにお掃除しておけば、簡単にきれいになります。

ところが、汚れをそのままに放置しておくと、どんどん汚れがたまっていき、

お掃除してもなかなか取れない、しつこい汚れになってしまいます。

こまめなお掃除で簡単にキレイにしていきたいですね。

そのためには、食器などを洗い終わった後に、ついでにキッチンの流し台も泡のついたスポンジで軽くお掃除するのです。

「ついでに」というのがポイントですね。

そうすることで、ひどい汚れがついていくのを防ぐことができます。

スポンジで軽くこすった後に水で流し、最後にきちんと水分を拭き取りましょう。

水分が残っていては、水アカ、石鹸カスなどがついていく原因になってしまいます。

4.汚れがひどくなってしまったらその①石鹸カス

石鹸カスがこびりついて、キッチンの流し台が白くなってしまっときには、重層でお掃除します。

流し台を少し濡らして、重層を振りかけます。

スポンジなどで擦っていけば簡単にきれいになります。

重層はクレンザーのような役割がありますが、ステンレスやプラスチックなどを傷つけることはありません。

5.汚れがひどくなってしまったらその②水アカ

水アカは重層でお掃除しても汚れを落としきることはできません。

ひどい水アカ汚れの場合は、スポンジにクエン酸をつけて磨いていきましょう。

それでも汚れが落ちない場合は、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水をキッチンペーパーなどに浸して、

キッチンの流し台にパックします。

2~3時間置いた後に、スポンジで磨きあげましょう。

キッチンの流し台がピカピカで清潔だと、毎日のお料理も楽しくなりそうですね。

汚れは最初が肝心です。

汚れたらすぐにお掃除をしましょう。

毎回、ほんのちょっとスポンジでこすって水分をふき取るだけ。

これをこまめにすることで汚れをつきにくくするのが一番簡単なことです。

汚れてしまってからではお掃除も大変です。

ほんのひと手間で、いつもきれいでピカピカに。

早速、今日から始められそうですね。