安くて硬いお肉を柔らかく美味しいお肉に変身させる方法

安いけど硬いお肉って良くありますよね。

そんなお肉を調理法一つで高級肉にも負けない柔らかくて美味しいお肉に変身させることが出来るのです。

今回この安くて硬いお肉を柔らかくて美味しいお肉に変身させる調理方法をご紹介します。

1.下準備で肉の余分なタンパク質を溶かして柔らかくする

肉を購入して、ただそれをカットするという人も、多いのではないでしょうか。

しかし、それだけではやっぱり肉が固くなってしまうのです。

肉は、下準備の段階でかなり、柔らかくすることができるので、下準備をすることにします。

すると、その下準備を万全な状態にすることによって、後で焼いたり煮たりしたときに、美味しく食べることができるのです。

それは硬いかもと思っていた肉が、とても食べた感じが柔らかくなっているので、感動することができます。

そしてその実際は、その下準備の段階では、肉を何かに漬け込んでおくということがいいのです。

その漬け込むものは、肉の余分なタンパク質を溶かすものです。

肉は、余分なタンパク質が多ければ多いほど、料理をしたあと、食べようとしたときに、固く感じてしまいます。

そのため、その肉のタンパク質を柔らかくすることができる、水分に漬け込むことにします。

その水分というのは、炭酸のジュースなどです。

それは、どこの家庭の冷蔵庫にもあると思われる、コーラやその他の炭酸ジュースなどです。

そのジュースを肉をいれたトレイの中にいれて、10分ほど肉漬け込んでおくと、料理をした時に、柔らかく感じます。

2.下準備で肉の繊維を分解して柔らかくする

もう一つ、肉を柔らかくする方法があるのです。

それは、肉の繊維を柔らかくするジュース以外のものに、漬け込んでおくということです。

その肉の繊維を柔らかくするものとしては、牛乳です。

牛乳には、30分ほど漬け込むことによって、柔らかくすることができます。

またその他のものとして、果物をすりおろしたものに漬け込むのも、効果を発揮します。

その果物は、キューイやパイナップルなどです。

それは、それはジュースよりも短時間で漬け込むことで、肉を柔らかくするので、短い時間で準備をしたいという人は、こちらのほうがオススメです。

15分ほど漬け込めば大丈夫です。

そして、このようにすることに対して、少し抵抗があると思う人もいるかもしれません。

それは、そのように漬け込むと、そのニオイなどが染み込むのではと思うかもしれないという心配です。

しかし、そのような心配は全くないのです。

料理をすることによって、その匂いは感じなくなるので、安心して下準備をすることができます。

3.肉の繊維を切る

漬け込みが終了すると、次に包丁などを使って、肉の繊維をきることにします。

それは、繊維があると、焼いたり、煮込んだりする時に、固くなってしまうからです。

そのため、包丁を使って、肉の筋切りを行います。

包丁を使ってすることが苦手をいう人は、肉を叩く道具を使って、肉の表面を叩くことによって、筋をきることができます。

4.焼きすぎに注意する

そしていざ料理をする場合、肉を焼くときに注意が必要です。

それは個人の好みにもよりますが、肉は焼きすぎてしまうと、かなりその表面が固くなってしまうからです。

そのため、柔らかい牛肉を食べたいと思った時には、少しレアな状態に焼くことをオススメします。

すると、とても柔らかいと感じて食べることができます。

豚肉の場合は、レアに焼くことはできないので、通常通り、しっかりと焼きます。

鶏肉の場合は、その肉の部位によって、焼き方を調節するようにします。

ササミや、胸肉などは、焼きすぎると、肉を食べるときに、硬いと感じてしまいます。

そのため、その部については、焼き時間を少なめにして焼くようにします。

もも肉の場合は、しっかりと焼いても脂肪が多いので、肉が固くなることはなく、美味しく食べることができます。

<まとめ>

肉料理は、その下準備によって、かなり肉を柔らかくすることができます。

そしてその下準備は、長くかかるということではなく、短時間で行うことができるので、必ず、実施することをオススメします。

またその肉を柔らかくするものについても、簡単に手に入れることができるものばかりです。

そして後は、焼き加減に注意をして焼くと、とても柔らかい、ジューシーなお肉を食べることができます。

それはちょっとしたことで、こんなに美味しくなるんだと感動することができるほどです。

せっかくの楽しみにしているお肉ですので、料理方法をしっかりと把握して、美味しくお肉を料理しましょう。