生理中のダイエットは痩せにくい!豆乳が効果的!

生理中のダイエットってかなり身体に負担がかかりそう。。。

そんなことを考えたことはありませんか。

せっかくダイエットを頑張っているのに定期的に来る生理。

それでなくても生理時は身体の変化が起こりやすい時期なのに

こんな時にダイエットをしてもいいものなのでしょうか。

今回は生理中のダイエットの注意点をご紹介します。

生理中は一般的に痩せやすかったり、太りやすい等体重の変化が激しい時期とされています。

この期間内に痩せることが出来るのかということから理解していただければと思います。

1.生理中は痩せにくいって知ってた?

まず、生理中の女性の体について説明します。

女性は生理前になると自然と体内に水分を蓄える動きをします。

生理は経血が流れる現象のため、体内から水分がなくなってしまいます。

女性の体は子宮・卵巣の運動を守るために水分を蓄えているのです。

そのため、体内に水が蓄えられている状況が続き外見にむくみが見られる時期であるといえます。

続いて、生理前・生理中の女性の体の状況は非常に不安定となります。

一般的に言われているのは「イライラする。貧血気味になる。眠くなってしまう」など

個人差がありますが生理中の女性は自分にも周りにも気を遣うことが増えてしまいます。

ストレスを軽減するために甘いものを口にしたくなったり、暴飲暴食してしまう可能性もあります。

勿論中には生理中でも有酸素運動を欠かさず行っている方もいるでしょう。

しかし、生理中ただでさえストレスを抱えている環境の中でダイエットをすることは

身体的にも精神的にもオススメが出来ないということを忘れないでください。

2.生理中ダイエットのやり方と注意点

上記内容を見ても、「私は絶対にダイエットがしたい」と決意している方もいると思います。

生理中のダイエットでオススメな方法と注意点をお伝えします。

豆乳ダイエット生理中の女性の体は非常に繊細です。

貧血を起こしたり、ホルモンバランスが安定しないなどの理由が原因です。

しかし、生理中に豆乳を1杯飲むことでダイエットが出来ます。

豆乳の中に含まれている大豆イソフラボンがホルモンバランスを整えてくれます。

カロリーは少なく食物繊維が含まれているため便通も通りやすくなります。

現在では豆乳といっても色々な味が販売されているため、イライラして甘いものが食べたい。

などダイエット中の息抜きにも最適な方法です。

ただ飲みすぎてしまうと逆に下痢ぎみになってしまう可能性もありますので注意が必要です。

生理中(およそ7日間)に豆乳を飲むと考えて、1本あたりの価格も安いため一週間飲み続けても

千円でお釣りがくる程度で出費を抑えることが出来る優れものです。

軽めの有酸素運動をする生理中は女性にとって、一ヶ月に一度訪れる憂鬱な時間であることが多いですよね。

毎日気分は安定しなくて体調も悪くなります。

これを改善できるのが軽めの有酸素運動です。

軽めの目安ですが、主にウォーキング・ヨガ・マッサージが挙げられます。

有酸素運動は20分~30分ほどが一般的とされている時間です。

生理中に有酸素運動をすることにより、新陳代謝があがり血液の流れをよくしてくれます。

そのため、ダイエットにもつながりますし生理通の緩和をすることも出来ます。

ただし、何十キロも走るなど重めの運動は血液過多の原因となり生理通を悪化させてしまうため、充分注意してください。

また、生理後の体は生理前と比べ「痩せやすい体」に変化することを知っていますか?

軽めの有酸素運動をしておくことで、生理後にぐんと痩せれる効果を期待できるのです。

上記が

生理中のダイエットの注意点

についてとなります。

毎月必ずくる期間だからこそうまく利用し、ダイエットが成功することを祈っております。