ウォーキングダイエットの実践方法!有酸素運動による驚くべき効果とは!

激しい運動は苦手だけど、カラダを動かしてダイエットしたい。

そんな人は意外と多いかもしれません。

そんな時、誰でも気軽に始めらるウォーキングはダイエットに効果があるのでしょうか。

地味なようで意外と効果のあるウォーキングダイエットの方法をご紹介します。

1.ウォーキングって運動になるの?

運動としては地味に見られがちなウォーキングですが、立派な有酸素運動です。

また、他の有酸素運動などに比べてウォーキングは筋肉や関節などの負担も少なく、また正しい姿勢で歩けば、腰痛などの心配もグッと減ります。

ウォーキングを習慣にすると、じっくりと脂肪が燃焼され痩せやすい体質になり、キレイな姿勢を保って歩くことを心がければ、

下半身だけでなく全身の筋肉は引き締まりラインの美しいカラダにする事もできます。

代謝もアップして若々しい健康的なカラダを作るのに欠かせない運動といっても良いですね。

2.必ずウォーキング前後にはストレッチ

ウォーキングは、筋肉や関節に負担のかからない運動法ですが筋肉は使われます。

そのため、始める前は必ず10分程度のストレッチをしましょう。

特に腰から下のストレッチをして腰の筋肉、太もも、ふくらはぎ、また、アキレス腱などをしっかり伸ばして筋肉の固まりをほぐしてから、

行う事が大切です。

また、ウォーキング終了後は筋肉が張っている状態です。

この張りをケアしておかないと張ってしまった筋肉は固まり、カラダを痛めてしまう原因になりますので、

終了後も10分ほどかけてしっかりストレッチを行いましょう。

3.ウォーキングに大切なのは歩き方

ウォーキングはただ単に歩けば良いものではありません。

お友達としゃべりながらノロノロ、だらだら、では意味がありません。

姿勢や歩幅、歩く時間などがとても重要です。

まず重要なのが姿勢です。

正しい姿勢を保って歩くことが大切ですが、背筋を伸ばし、肩甲骨を縮めるイメージで胸を程良くはります。

首を長くする様にして肩を少し落とし、お腹をひっこめるように力を入れます。

できればお尻もキュッと上げる様に意識すると良いです。

この正しい姿勢を保って、つま先で地面を蹴りだし、かかとから着地する様に歩きます。

歩幅は普段歩くより広げ、腕は大きく振ります。

余裕があれば腰をひねりながら歩くとダイエットには効果的ですが、腰痛持ちの人はやめておきましょう。

また、ひねり過ぎると腰痛の原因にもなりますので、程良い程度にひねりましょう。

尚、適切な歩幅の目安は、身長150㎝の人は67㎝の歩幅、155㎝の人は69㎝、160㎝の人は72㎝、165㎝の人は74㎝がベストです。

4.ウォーキングの速度は?

だらだら歩く事は意味のないウォーキングダイエット、サクサク歩く事が大切です。

痩せたいからといって、無理に速度を上げる必要はありませんが少し息がはずむ程度に歩く事が効果的です。

最初は無理せず、慣れてきたら少しずつ早めていくと無理せず適切な速度で歩く事が出来るようになっていきます。

5.ウォーキングはどのくらい歩けばいいの?

ダイエット効果を上げるには、週に3時間30分以上歩くことが適当と言われています。

かといって、一週間に一回4時間歩けばいいというわけではありません。

内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼するのは、運動を始めてから20分と言われています。

30分を毎日行ったり、1時間を週に4回などと、自分の都合の良いペースで行う事が良いですが、3日以上空いてしまうと意味がなくなってしまいます。

またウォーキングを続ける期間は、肥満解消を目指すのであれば3か月以上は続けることがオススメです。

6.ウォーキングの準備

始める前のストレッチはもちろん、その他大切なポイントがあります。

靴は自分の足にしっかり合った歩きやすいスニーカー、一番重要で歩きづらい靴での歩行は靴ずれが起き、足を痛めます。

すると痛む足をかばおうとして変な筋肉の使い方をしてしまい、必ずどこかを痛めてしまいます。

■動きやすい服装で。

だぼだぼしてる服装や、脚にまとわりつく様なズボンは避け、動きやすく通気性の良いウェアがオススメです。

また、テンションを上げるためにも好きなメーカーや好きな色などで決めるのも良いですね。

■水分補給。

ウォーキングの前に行うストレッチとともにしっかり水分補給をして、途中でも補給できる様に水分は携帯すると良いです。

季節問わず、ウォーキング中は汗をかきますので、その分の水分をしっかり補給しましょう。

食事を摂らずに行う場合は、低血糖や栄養不足が心配ですので、アミノ酸飲料や低カロリーのダイエット食品などを

軽く口にしてから始める事がオススメです。

一人でもくもくとウォーキングをする場合は、音楽を聴きながら気持ちを上げ、テンションを程良い高さに保つ事がオススメです。

ダイエットに関する運動は長く続ける事が大切です。

心が折れたり、カラダを痛めたり、弱らせたりしてしまうやり方は避け、少しでも楽しく長く続けるよう自分なりに工夫してやる事が大切です。

いかがでしたか?ウォーキングダイエット方法。

少しお腹が出てきた、運動不足でカラダが重い、なんて人は気軽に始められるこのダイエット方法で、

スッキリ軽いカラダを目指すのも良いのではないでしょうか。