押し入れ収納術に大切なことは片付けと衣装ケース

マンションやアパートだと収納場所も少ないものですね。

だんだんと物は増えていくのですが、お部屋に棚やタンスを置いて家具を増やすと、部屋が狭くなりがちです。

そこで、せっかくもともとついてある押し入れを十分に利用しない手はありません。

そこで、スッキリと片付く、簡単押入れ収納術をお伝えしたいと思います。

押入れの中に衣装ケースが必要になるので、片付けやすい衣装ケースの選び方も説明をしています。

1.押入れに仕舞う前に片付けを

押入れに仕舞う前に、まず捨てるものを先に捨ててしまいましょう。

しまってから、またそれを出して捨てるということより先に捨てるものを捨ててしまいましょう。

ゴミ袋を用意して、捨てるものを潔くゴミ袋に入れて行きましょう。

そして、衣装ケースなどに、季節ごとや家族別に服を分けて片付けます。

そうすると、探すときにとても便利です。

もちろん、定期的に衣替えの時に、不要な服を捨てるということは必須のことです。

季節の服で、今着ているものは、押し入れではなくて、整理ダンスに入れて使いましょう。

押入れには、今使わないものをしまうということが大切です。

特に、子供服は、年々子供が大きくなるのですぐにワンシーズンで着れなくなってしまいます。

こうなると、捨てないとどんどん服が増えてしまいます。

兄弟に着せようと思ってとっておくと、更に、煩雑になりがちです。

着れないと思うと、即座に捨てることをオススメします。

2.衣装ケースを購入する

衣装ケースにも色々なタイプが有ります。

ここで使うのは、引き出し式の衣装ケースです。

間違っても、フタ式のものを購入してはいけません。

フタ付きの衣装ケースは、重ねても、フタが重みで割れたり、下の衣装ケースの中のものを取るときには、

上の衣装ケースをどけないと取れないので、動作がとても大変です。

そのためにも、引き出し式の衣装ケースを買いましょう。

衣装ケースは、購入する前に、自分の家の押入れの奥行きをしっかりと測って、メモを書いていきましょう。

大切なことがもう一つあります。

押入れのドアを片側に寄せた時に、衣装ケースを並べた時の横幅がどれ位あるかということも測っておいてメモします。

ベッドスペースは無くして、無駄なく、サイズに合った衣装ケースを買いましょう。

長方形で、重ねられるものが便利です。

深さも深いほうが便利ですが、違う深さのものも重ねて買っておいてもよいでしょう。

3.布団は押入れの上段に入れるもの

押入れの下の段は、衣装ケースをセットします。

上の段にも、高さの無いものを並べたり、または、片側に重ねて衣装ケースのスペースをとっても良いでしょう。

しかし、残りのスペースには、布団を収納したいです。

布団は湿気ると困るので、湿気の少ない上の段にしまいましょう。

普段は寝るのは、布団でなくて、ベッドの人も、季節外れの布団をしまうことがあるので、それらをたたんでしまいましょう。

さらに、季節外れのバスマットや敷物系をたたんで重ねてしまうことができます。

巻いたほうがしまいやすいカーペットなどは、巻いて、紐でくくって立てて押入れの中に入れましょう。

衣装ケースをセットして、その上に布団をしますと、引き出し式の衣装ケースだと、布団をのけなくてもその中のものを出し入れすることができるのでとても便利です。

季節外れの靴下や手袋やマフラーやスイミンググッズなどをしまうことができます。

これらは、どこにしまったかわからないと、次のシーズンにまた買ってしまったという無駄を省くことができます。

使いにくいと思いがちな押し入れですが、その中を、しっかりと区切れば、案外自分の使いたいように使えて便利です。

押入れを使うのに、必ず守りたいのが、デッドスペースを無くすということです。

ちょっとの隙間でも、そこにしまえるものがあります。

例えば、子供の思い出の絵など、袋に入れてしまえば、少しの隙間でもしまうことができます。

そして、押入れの中には、季節外れのものを入れると決めれば、度々そこから何かを出すということは少なくてすみます。

そうなると、押入れの前にベッドを置くということも可能になります。

ついつい押入れの前は開けて置かないとと思いがちですが、マンションやコーポは、壁面が少ないので、ベッドの置き場にも困りがちですが、押入れの前にベッドを置くということもあり得ることです。

和室にベッドを置いて、部屋を広く使うことが可能になります。

押入れの前にベットを置くことで、押入れの上のものを取るときに、ベットに上がって取ることができるので、最上段の小さい押入れにもものを入れたり出したりしやすくなるというメリットが生まれるのです。

最上段には、あまり使わない、キャンプの道具などをしまうこともできますし、捨てる服を一旦そこへ入れておくということもできるので、最上段があればそれはそれで、とても便利です。