若いママのメリット。ハードな子育てをしていても疲れにくい!

現代社会においては、高齢出産が珍しくなくなりましたが、その一方で、若いうちに子どもを生むという女性もかなり多くなります。

では、若いママだと、どのような良いことがあるのでしょうか。

そこで、若いママの具体的なメリットについてご紹介します。

1.体力があるので、ハードな子育てをしていても疲れにくい

若いママは、年齢を重ねたママよりも体力があります。

そのため、毎日ハードな子育てをしていても、疲れにくいというメリットがあります。

もちろん、若いママも人間ですから、毎日子育てや家事に追われれば、疲れを感じることもあります。

しかしそのような時であっても、若いママは回復力があるので、疲労からすぐに回復することができます。

年齢を重ねてから母親になった場合、1度疲れると、なかなか回復することができず、長い間ダラダラと倦怠感を引きずってしまいがちです。

しかし、若いママであれば、そのような心配がないという点が大きなメリットです。

2.見た目が若いため、目立つ

若いママは、年齢を重ねたママよりも見た目が若いため、良い意味で目立ちます。

そのため、我が子の参観日などに行くと、「あのお母さんは、若くてキレイだ」と評判になり、ちょっとしたスター気分を味わうことができます。

若いママの場合、若い感覚でファッションやヘアメイクを楽しむため、見た目が所帯じみてしまうこともありません。

このことも、若く美しく見られる理由の1つです。

年齢が若いということに加えて、ファッションやヘアメイクのセンスも「現代風」であるため、子連れで出掛けても、周囲から「若くてキレイだ」という目で見られ、目立つようになります。

3.子育てを早く終えることができるので、若いうちに次の人生設計を立てられる

若いうちにママになるということは、年齢が若い段階で子育てを終えることができるということです。

これも、若いママのメリットの1つであると言えるでしょう。

子育てを終える年齢が遅くなればなるほど、自分の「第二の人生」について計画を立てるのが遅くなってしまいます。

その結果、子育てを終えたらすぐに老後になり、「第二の人生を楽しみたくても、体力がなくて楽しめない」という状態になってしまいます。

しかし、若いママであれば、体力がある若いうちに、第二の人生を楽しむことができます。

そのため、中年以降の人生を、思う存分充実させることができるようになります。

4.若いうちから、家庭や子どもに対する責任感が生まれる

若いママは、人生の早い段階で子どもを持つことにより、否応なしに「母親」「家庭人」として自立せざるを得なくなります。

その結果、「自分の手で家庭を作り上げていく」「我が子をきちんと育て上げる」という責任感も、若いうちから芽生えるようになります。

このような気持ちが生まれてくるのも、若いママのメリットです。

人生の早い段階から家庭人・親としての自覚や責任を持つと、精神的に一回りも二回りも成長することができます。

その結果、何事にも動じないしなやかな強さも身に付けることができます。

若いママは、このような強さを、若いうちから自然に身に付けられるという点が大きなメリットであると言えるでしょう。

若いママは、「年が若い」というだけで、何かと周囲から心ない批判を受けてしまいがちですが、若くして母親になるメリットもあります。

人生の早い段階で子どもを持つことにより、親としての覚悟が一気に決まり、責任感や精神的な強さも身に付きます。

子育てを早く終えることができる分、他の人よりも早く第二の人生を楽しむことができます。

「若くて目立つ」ということももちろんメリットの1つですが、「若いうちから、精神的にぐっと成長することができる」という点が、若いママの最も大きなメリットであると言えるでしょう。