マザコン旦那に見られる甘えた4つの特徴

旦那の嫌いなところの上位にランクインするといっても良い特徴が、マザコンである旦那です。

マザコン旦那は面倒なことが多く、妻よりも自分の母親のことを大切にする傾向にあります。

では、このようなマザコン旦那は、どのように判断すればいいのでしょうか。

今回は、マザコン旦那の特徴を紹介していきます。

1.母親のことを「ママ」と呼ぶ

マザコン旦那の特徴としては、自分の母親のことを「ママ」と呼びます。

もちろん、ママと呼ぶからといって必ずマザコンなわけではありませんが、結婚するようになった大人がママと呼んでいる場合は、非常に怪しいといえるでしょう。

母親への呼び方は色々変わるとは思いますが、大人であればお母さんが一般的でしょう。

また、人との話題で自分の母親が話題に上がった場合には、母、などの表現をよく使います。

しかし、マザコン旦那はそのような事は気にせず、どのような場面でもママと呼んでしまいます。

そのため、母親に用事がある時でも、話題として上がるときでも関係なくママと呼ぶ場合は、マザコン旦那である確率が高いと言って良いでしょう。

2.なんでも母親の判断がなければ動けない

マザコン旦那の特徴としては、母親の判断がなければ動けないことがあげられます。

大人であれば自分の事は自分で決めることが当然であり、多少の相談はあったとしても、最終決定は自分で行うことになります。

しかし、マザコン旦那は自分のことを自分で決めることができない特徴があり、また、どんな簡単な選択肢であっても母親に判断を仰いでしまいます。

マザコン旦那の見分け方としては、物事を決める時に自分の判断で決めているかどうかです。

極端な話でありますが、夕飯のメニューのような簡単なことであっても、母親の意見を聞いているような旦那は、マザコン旦那であることが多いといえるでしょう。

マザコン旦那は母親に頼りすぎてしまったせいで自分で判断することができず、どんなにくだらない物事でも母親の意見がなければ動くことが出来ないのです。

3.すぐに母親の話題を出す

マザコン旦那に多い特徴としては、すぐに母親の話題を出すことです。

話の度に、母親が、お母さんが、などと自分の母親の話をしようとします。

普通であれば、全く関係のない話に母親が出てくるようなことはないので、話していて違和感を覚えることでしょう。

このように、すぐに母親の話題を出す旦那は、マザコン旦那である可能性が高いといえます。

4.母親と比較しがちである

マザコン旦那の特徴としては、人を母親とよく比較することだといえます。

料理、家事、行動などなど、母親の方が良かった、お母さんの方が上手にできる、などと言う機会が多ければ、マザコン旦那である可能性が高いといえるでしょう。

マザコン旦那は自分の母親が1番だと思っているので、あらゆる物事で母親と比較してしまいます。

その結果として、自分の妻と母親を比較し、母親のことを褒める場合もよくあるでしょう。

妻としては非常に辛いことであり、このような比較をされることが多いのであれば、ほとんどの場合でマザコン旦那であるといえるのです。

マザコン旦那に多いのは、何が何でも母親のことを話題にすることです。

関係ない話題でも母親の話をしはじめるのであれば、マザコン旦那である場合がよくあります。

そのため、普段の会話から母親の話が多いな、と違和感を覚えるようであれば、マザコン旦那かもしれないと疑ったほうが良いでしょう。

また、マザコン旦那に多いのが、自分の母親が1番だと考えている点です。

そのため、母親と妻・彼女などを比較することが多く、非常に面倒だといえます。

母親の話が多く、比較されることがあったのであれば、マザコン旦那かもしれないと意識したほうが良いでしょう。