出産祝いの相場の金額は三万円まで!贈り物選びのコツ!

赤ちゃんの誕生ってとってもおめでたいことですよね。

でも……「出産祝いに何を贈ったらいいんだろう?相場はどれくらいなんだろう……」と

頭を抱えたことはありませんか?

そこで、出産祝いの金額相場とオススメの品をご紹介します。

1.金額の相場~兄弟姉妹の場合~

兄弟姉妹であれば、だいたい一万円から三万円までが平均的な額とされています。

独身であれば一万円ほどでもいいでしょう。

もし既婚であれば配偶者さんと相談して決めましょう。

勝手に決めるとのちのちけんかの原因になることも……。

ただし旦那さんには「これくらいがいいと思うんだけどどうかな?高いかな、安いかな」と聞いてください。

「いくらにしよう?」なんて聞いても、贈る相手が義兄弟だと具体的な数字は言いにくいですからね。

2.金額の相場~友人の場合~

友人の平均相場は五千円と、兄弟姉妹に比べると案外低めの数字です。

とはいえあくまでも平均ですので、その友人とどれくらい親しいのかやそのときのふところ事情で決めてもいいでしょう。

また出産を知らせるほどの友人であればそれほど気負うこともないので、

見栄を張って無理をした金額を包まなくても「少なくて申し訳ないんだけど……」と

ひとこと添えて渡せば当たり障りないかと思います。

3.金額の相場~親戚の場合~

親戚やいとこの場合は兄弟姉妹や友人よりも幅が広く、三千円から一万円が相場とされています。

こちらも友人の場合と同じく、どれくらい近しい親戚・いとこなのか、で決めていいでしょう。

4.金額の相場~会社・職場関係~

会社や職場の関係であれば、職場内で出し合うことが多いかと思います。

その際は他の方と相談するといいでしょう。

一応、相場としては三千円から五千円ほどがよく包まれる金額だとされています。

もし会社内で組合に入っている場合、組合内でいくら包むのか決まっていることがあるので、事前に調べておきましょう。

5.お金を包むのはちょっと……という方は

しかし中には「お金を包むのは具体的な額もわかっちゃうしいやだな……」と抵抗がある方も多いと思います。

そういう方はぜひ出産祝い品にしましょう。

出産祝い品なら具体的な額を予想はできても当てることはなかなか難しいですから、

渡すのも憂うつにならないし、贈ったものを使ってもらえたらうれしいですよ。

どんなものを贈るかいろいろ見ているうちに、自分がほしくなってしまうかもしれません。

6.赤ちゃんへのお祝い品

赤ちゃんに使えるものでオススメなのは「足つきのおくるみ」。

出産の準備でおくるみを揃えている方は多いのですが、だいたい足が分かれていないタイプかと思います。

そういったおくるみの難点は赤ちゃんを包んだままチャイルドシートやベビーカーに乗せられないこと。

しかし足つきのおくるみであれば、包んだままの状態で乗せられることができるんです。

そしてもう一種類……「スワドル」と呼ばれるおくるみもオススメ。

文字通り赤ちゃんを包んでしまうおくるみなんです。

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは、おなかの中にいたことを思い出してぐずることがあります。

体をぎゅっとさせて包むこの「スワドル」は、大人からすると「ちょっとかわいそう」と

思われてしまうことが多いのですが、包まれている赤ちゃん本人はおなかの中にいたときの体勢に近いためとても安心できるようです。

どちらのおくるみもなかなか見つからないタイプですので、出産祝いでもらえたらとてもうれしいですよ。

7.ママへのお祝い品

ママに贈るものでオススメなのは「モスリンコットンガーゼ」。

赤ちゃんのおくるみやベビーカーに乗せたときの日除けとして使えるんですが、

なんとママも授乳ケープやストールとして使うことができちゃうんです。

自分で買うにはちょっと高いモスリンコットンガーゼ。

出産祝いでもらえたらかなりうれしい。

また、最近はおしゃれなデザインの親子がお揃いで着られるTシャツを取り扱っているお店が多くあるので、

「もうちょっと大きくなったらぜひ一緒に着てみてね」とプレゼントするのもいいでしょう。

その際、サイズは気をつけてくださいね。

子ども用のTシャツは、一歳ごろになったら着られるくらいの80センチを目安に、お店の人と相談して決めてください。

8.忘れがち。パパからママへ

忘れがちなのがパパからママへの出産祝い。

陣痛を耐えてわが子をママへ「お疲れさま」と「ありがとう」の気持ちを込めて贈りましょう。

オススメなのは新しい服。

徐々に大きくなっていくおなかを見て、ママは買うのを諦めた服があるでしょう。

パパならきっとそれを身近で見ていたはず。

同じものでなくても、似たようなものやママが好きなブランドならきっとよろこんでくれますよ。

とても簡単で、でもむずかしいけど一番オススメなのは手紙。

口で言うのはちょっと照れくさくても、手紙ならすなおになれるという方も多いかと思います。

普段心では思っていてもなかなか伝えられないことを、この機会に手紙としてママに伝えるととてもよろこばれて、

出産前より仲良し夫婦になれるかも。

いかがですか?

金額の相場やご紹介したものはほんの一例……。

出産祝いに一番大事なのは「お疲れさま」と「おめでとう」の気持ちだということを忘れないでくださいね。