不妊治療の検査方法、流れ、費用について

なかなか子供を授からないと悩んでいるあなた、まずは不妊治療のおおまかな流れをご紹介しようと思います。

原因が分かることで授かれるかもしれません。

卵子の数は加齢により、少なくなるのをご存知ですか?一人で悩まず、まずは病院に行ってみましょう。

今回はこの不妊治療についてご紹介していきます。

1.検査

不妊治療を開始するにあたり、色々な検査があります。

・血中ホルモン検査〜卵巣機能や子宮内膜の状態を調べる
・AMH検査〜卵巣内にどのくらい卵子が残っているか調べる
・子宮卵管造影検査〜卵管がきちんと通っているか調べる
・子宮鏡〜子宮の内面に癒着物がないか調べる
・がん検診、感染症検査〜子宮頸がんの有無、クラミジア検査。
・その他内分泌の検査〜甲状腺機能検査、糖尿病検査
・坑精子抗体検査〜精子に対する抗体を持っていないか調べる夫の精液検査もあります。

保険適用外の検査もあるのでおおよそ3万〜4万程です。

悪い所があるとショックを受けるかもしれませんが、原因が分かる事で妊娠への近道と前向きに考えましょう。

2.タイミング法

基本的な検査で原因が見つからない場合、まずタイミング法から進みます。

タイミング法とは排卵日近くに性交をする事です。

排卵までに数回来院します。

来院時は毎回基礎体温表を持参します。

卵胞の大きさ、内膜の厚さを計測してもらいます。

尿検査や卵胞が約20mmの大きさになると排卵直前なので性交の日程が2、3日程決められます。

この頃子宮内膜が8mm前後に厚くなります。

内膜が薄いと受精卵が着床しにくくなるので、内膜の厚さは重要となります。

卵胞がなかなか大きくならない場合は、排卵誘発剤を使用します。

この排卵誘発剤とは内服薬や注射があり状態に応じて決定されます。

育てる卵胞は1、2個とし、卵胞が出来過ぎて卵胞が腫れたり、多胎妊娠にならないよう排卵まで数回来院し診察してもらいます。

タイミング法は1周期で約1万円程なので金銭的にも負担が少なく、自然妊娠なので気持ち的にも無理のない方法です。

排卵日だからといって義務化にならないよう、日頃からタイミングを心掛け排卵日にリラックスして性交できるようにしましょう。

日ごろから性交の回数が多いほど妊娠の確率は高まります。

3.人工授精

年齢にもよりますが、タイミング法で6〜10回程しても妊娠しなければ人工授精へのステップアップを勧められます。

人工授精とは、精子を子宮内へ直接送り込み精子と卵子が出会う確率を高めることが出来ます。

自然妊娠との違いは、精子が自力で子宮に入るか、病院で管を通して入れてもらうかの違いだけです。

タイミング法と同様排卵までに数回来院し排卵日を予測します。

排卵日当日、夫の精子を自宅から持ってくる(約30分以内)、もしくは院内で採精します。

当日夫が不在の場合はあらかじめ精子を凍結保存しておき、人工授精当日に使用する事も可能です。

取り出した精子を洗浄、濃縮し元気な精子だけを細いカーテルで子宮内へ送り込みます。

排卵日か排卵後の12時間以内が成功する確率が高いと言われています。

ほとんど痛みもなく、身体的な負担も少ないです。

感染予防の為、念のために抗生物質を内服します。

より確率を上げる為、人工授精の前後に性交を指示される場合もあります。

1回約1万5千円〜2万円です。

排卵誘発剤も使用する場合はさらに薬や注射代が掛かります。

妊娠率は約20%でその内1〜2回目で妊娠する人が多いです。

6回程行い妊娠しなかった場合、次のステップアップを考えたほう良いです。

4.体外受精、顕微授精

人工授精で結果が出ない場合は体外受精を考えたほうが良いかもしれません。

体外受精は金銭的、身体的な負担も大きい為夫婦で良く話し合いましょう。

体外受精とは卵子と精子を、体外で受精させて子宮へ戻してあげる方法です。

一度に複数の卵子を採卵出来るよう、排卵誘発剤で多くの卵子を育てます。

卵胞が育ったら排卵前に卵子を採卵します。

夫の精子を卵子に振りかけ、数日間受精を待ちます。

受精が成功したら細いカーテルを膣に入れ、子宮内へ戻します。

受精しなかった場合、卵子に直接1個の精子を注入する方法もあります、これを顕微授精といいます。

精子の数が極端に少ない男性不妊症にも有効です。

戻す受精卵は原則1個です。

受精卵が複数出来た場合はいったん凍結し、次の周期に子宮に戻すこともあります。

採卵までの卵巣刺激には色々な方法(刺激の強さ、期間)があり、費用は様々です。

おおよそ30万〜50万円ほどになりす。

不妊治療をしている間はゴールのないマラソンをしている気持ちになります。

治療期間が長いほど身体的、精神的にもどんどん辛くなるので早めのステップアップも大切かと思います。

沢山悩んで考えているから、妊娠する事がどれほど奇跡的で素晴らしい事か知ることが出来ます。

また夫との絆も、深まります。

赤ちゃんを待っている全ての人にコウノトリが訪れますように。