生理中のむくみの原因とすっきり細くなるむくみ解消方法

生理前、生理中のむくみとはイヤなものです。

下半身はもちろん、顔もむくんでいつもよりちょっとブス、、なんてテンション下がりますよね。

そんな生理前や生理中のむくみの原因と対処法をご紹介します。

1.女性はホルモンバランスで、体調が変わる

生理が始まる2週間ほど前から多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)。

この黄体ホルモンは、体温を上げ、妊娠を促したり、妊娠や生理に備えて水分や栄養を蓄えようとする働きがあります。

その為、倦怠感などが感じやすく行動力も減退します。

また、生理終了から一週間くらいの間分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)。

この卵胞ホルモンは、自律神経の調子を整えたり、血管を若々しく保とうとしたりと、心身ともに活発に働かせようとしてくれます。

この様に女性は、分泌されるホルモンによって体調が全く変わってしまうのです。

2.生理の出血による栄養不足にカラダが備える

生理前2週間ほど前から黄体ホルモンが分泌されると、カラダは溜め込み型に変わります。

黄体ホルモンの分泌が始まると、カラダは生理の出血による栄養不足に備えて栄養を溜め込もうとします。

細胞の水分、塩分量を増やし代謝を遅らせて脂肪を溜め込もうとします。

その為、水分をいつもより多く摂ったり、味の濃い食事を好んで摂ったりして、体内がむくみやすい環境になってしまいます。

3.1~3㎏は水分で体重が増えるのは当たり前

生理前や、生理中は普段より1~3㎏は体重が増えると言われていますが、これはほとんどが水分で生理終了とともに自然に減っていくのです。

この余分な水分がむくみの原因になってしまうのです。

4.生理前、生理中の血行不良

生理になると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が減り体温が下がります。

その為、血行がわるくなりむくみやすくなってしまうのです。

また、生理前や、生理中は体内の水分量が増えてしまうのにも関わらず腸内の水分は減り、便が硬くなり便秘にもりやすくなってしまいます。

便秘になることによって、また血行不良をおこしてしまうのです。

5.利尿作用のあるカリウムを摂ってむくみを予防

カラダが溜め込み型になってしまう時期は、必要以上に水分や塩分を溜め込まない様、カリウムを多く含む食材を摂る事がオススメです。

手軽にカリウムを摂れる食材は、納豆、パセリ、アボカド、ニラなどです。

中でも、アボカドは美肌成分でもあるコエンザイムQ10も含まれていて生理中の荒れがちなお肌にも良いですね。

6.足湯をして末端から温める

40℃程度のお湯をはり、くるぶしから下を温めてあげるとカラダが芯から温まり血行が促進されます。

それにより、むくみが取れて顔色も良くなります。

むくんでる上に血色も悪いだなんて、老け顔の第一条件。

絶対に解消したものです。

7.こめかみにむかって流し、顔のむくみを改善

意外と頑固な顔のむくみ。

顔のむくみとは、本当にテンションが下がります、目も小さく見えるし鼻だってむくむのです。

顔の滞りは、こめかみに集めてこめかみから耳の裏側、首すじ、鎖骨へと流してあげるとスッキリとします。

この際ホットタオルなどで顔を温めながらやってあげるとさらに効果が出ます。

特に目の周りや、ほうれい線部分は念入りにしてあげる事がオススメ。

8.全身ブルブルで、脚のむくみ改善

横になって、両手両足を上げそのまま手足をブルブルさせます。

1分ほど続けると、手足が温かくなってきます。

温かくなってきたら血行がよくなった証拠です。

こうする事によって、下へ下がってしまった血液たリンパを流して上げる事が出来ます。

脚のむくみに効果的です。

脚のむくみは放っておくと、太くなりやすくなってしまいます。

しっかり流してむくみを定着しない様にしておきたいですね。

9.生理前から徐々に飲食などに気を付けむくみずらいカラダに

ジャンクフードなどの味の濃いものを食べたくなりがちな生理前。

塩分を摂り過ぎてしまうと体内のナトリウムが増え、そのナトリウムの濃度を一定に保つため、カラダは水分を欲してしまいます。

そこで水分を摂り過ぎ、むくんでしまうのです。

生理前は塩分の多い食事を控え、また、カラダを温めるような食事に切り替え血行を悪くしない事が大切。

カリウムを多く含む野菜などを使って、生姜などを入れたスープがオススメ。

生理前や生理中は、どうしても普段我慢出来る事が我慢出来なかったり、普段あまり欲しない食事を求めてしまったりなど、ペースが狂ってしまいます。

日頃から、カラダを冷やさない様に気を付けたり食事を気を付けたりしてホルモンバランスの乱れにも負けない体質を作っておきたいものです。

むくみだけでなく、生理痛などを軽減するにもやはりカラダの滞りをなくしカラダを温めて生理前や生理中のブルーな気分を吹き飛ばしたいですね。