デコルテとは?デコルテに出来るニキビケア方法

最近、「デコルテエステ」とか、「デコルテをキレイに、、」なんて言葉よく聞きますが、デコルテって詳しくはどこの事?

なんとなくはわかっているけど、正しくはカラダのどこからどこの事なのか、、

そんなデコルテに出来てしまうニキビとそのケア方法についてご紹介します。

1.デコルテってどこ?

デコルテとは、首から胸元までの部分を言います。

このデコルテは女性にとっては、とっても重要なポイントで胸元の開いた洋服やドレスを着る時には、必ずしやキレイにしておきたい部分でもあります。

また、意外と見られているものです。

そんなキレイを保ちたいデコルテですが、実はカラダの中で3番目に皮脂腺が多く皮脂分泌がとても多い部分なんです。

だからこのデコルテは様々な原因でニキビができやすい部分でもあるんです。

ちなみにカラダの中で最も多く皮脂分泌する場所は顔、頭です。

2.デコルテニキビっていったい何が原因?

ニキビのできやすいデコルテは、皮膚が薄く水分を保持する力が弱いんです。

そのため、バリア機能も低下しやすく様々な事が刺激となってニキビができやすくなってしまいます。

外部からの刺激によるニキビ。

肌が薄くバリア機能が低いデコルテは刺激を受けやすく、日々の生活中でもっとも刺激を受けやすいのが、

お風呂でカラダを洗う時にナイロンのタオルで強くこすり過ぎてしてしまう行為です。

カラダの汚れを落とそうと、無意識のうちに強くこする事を毎日続けそれが刺激となって赤みやブツブツができニキビとなってしまいます。

シャンプーやリンスなどのすすぎ残しによるニキビ。

シャンプーやリンス、ヘアトリートメントなど十分なすすぎを必要とする成分が知らぬ間にカラダに流れ付着ししっかりすすがずに、

それが毛穴に詰まりニキビの原因となってしまいます。

過剰な皮脂の分泌や油分の与えすぎによるニキビ。

デコルテはただでさえ皮脂分泌の多い部分です。

そこへ汗をかいたり油分の多いボディクリームなどを塗って、毛穴詰まりが発生してニキビの原因になってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによるニキビ。

成人してからのデコルテニキビの原因はホルモンバランスの乱れが原因である事が多いんです。

過度のストレスや疲労、生理などが原因でホルモンバランスは乱れます。

ホルモンバランスの乱れは主に、黄体ホルモンの分泌が増える事。

この黄体ホルモンが多く分泌されると、体内の皮脂分泌が促されデコルテの他、顔や背中にもニキビが出来てしまう事が多いんです。

3.厄介なデコルテニキビのケア方法は?

デコルテにできるニキビも、顔同様放っておくと悪化する一方。

しっかりケアして美しいデコルテを取り戻しましょう。

どんなケアが有効?まずはシャンプーやリンスなどのすすぎ残しによるせっけんかすをためない様にして、清潔に保ちます。

これはとても重要です。

清潔にしたデコルテにはしっかり水分を与え保湿します。

ニキビができているからと言って化粧水などをつける事を避けたがる人も少なくありませんが、

肌をすこやかに保つためにはしっかり保湿をしてキメを整えバリア機能を高めてあげる事が必要です。

油分などは避け、オイルカットの化粧水や、鎮静効果のあるハトムギ化粧水、保湿効果の高いヒアルロン酸や

コラーゲンなどが配合されているものがオススメです。

肌の奥深く角質層までしっかり届く様な化粧水を使用する事が大切です。

4.ビタミンC誘導体で皮脂分泌をおさえて

清潔に整えたデコルテにしっかり水分を与えたら、炎症を抑える効果のあるビタミンC誘導体が配合された美容液などを塗ってあげる事がオススメです。

ビタミンC誘導体は、過剰な皮脂分泌を抑制する効果もあるので、デコルテニキビにも効果的です。

くすみやシミにも効果があるので、デコルテをキレイに保つ事にも役立ちます。

5.デコルテニキビの改善方法のまとめ

デコルテに強い刺激を与えず、優しく扱う。

デコルテを清潔に保ち、毛穴詰まりの原因を作らない。

しっかり保湿して、健やかに保ちバリア機能を高める。

炎症効果、皮脂分泌抑制効果のあるビタミンC誘導体を与える。

簡単そうに思えて実は難しい、、肌を「清潔に保つ」事。

シャンプーやリンスなどのすすぎ残しや、ナイロンタオルで強くこすってしまう行為は普段無意識にやってしまう事、

キレイなデコルテのためしっかり意識して毎日の積み重ねが重要になります。

ストレスや疲労をためすぎない事は、現代人にはとても難しい事です。

ストレスや疲労などが原因でホルモンバランスが乱れ過剰に分泌されてしまう皮脂を最小限に抑え、デコルテニキビを予防したいものです。

ニキビはなにかやったら一回ですぐキレイに治るというものではありません。

日々、意識して手を抜かずこまめにケアしてあげる事が最も大切です。

予防はもちろん、できてしまったニキビは入念なお手入れでしっかり改善していきたいものですね。