排卵誘発剤の注射費用と効果、注意すべき副作用とは

妊娠を望む方は何度か自身でタイミングを合わせてされることから始められるでしょう。

自身でもタイミングをはかってもなかなか授からなければ、産婦人科に行って検査してもらうこと、

また自身の排卵のタイミングをはかってタイミングを合わせるという治療から始まります。

それでも妊娠しなければ、排卵誘発剤を使用するという治療にステップアップとしていきます。

しかし、排卵誘発剤に対してマイナスイメージをもたれている方もいませんか?

例えば、とてもお金が高額だという声、

また排卵しているから自分には必要ないという声(つまり、排卵誘発剤は排卵しない人がする治療だという考え)です。

今回は排卵誘発剤の注射費用と効果、注意すべき副作用についてご紹介します。

1.排卵誘発剤とは?

名前のとおり、排卵を促す薬のことです。

不妊の原因の3分の1と言われる排卵障害の方にもこの治療は適していますが、排卵はしていても早く子供を望む方には排卵誘発剤の治療もよいでしょう。

なぜなら、通常卵巣にたくさんある卵胞の中から、右で1個、左で1個と育ち、どちらかから排卵すると言われています。

排卵誘発剤は、どちらの卵胞も育てて、1個しか排卵しなかったところを2個や3個排卵させて着床の確率を上げる効果があると言われます。

そのため、自然でタイミングをとるよりも着床しやすくなります。

2.排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤には大きくは飲む薬と注射に分かれます。

飲み薬は「セキソビット」、「クロミッド」とあります。

薬の違いは効果の違いや、副作用の違いです。

「セキソビット」は、比較的穏やかな作用で副作用が少ないタイプです。

卵胞の発育を助ける作用があるので、排卵はできているが妊娠しにくい人に対して最初の段階で処方される薬です。

「クロミッド」は、脳下垂体に作用してFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)の分泌を促す作用をもつ薬です。

この二つのホルモンが分泌されることで卵胞が成熟し、排卵が促されます。

排卵していない場合に処方される最もスタンダードな薬です。

次に注射ですが、「hMG注射」と「hCG注射」があります。

「hMG注射」は内服薬の「クロミッド」と同様に、FSHとLHが配合されたホルモン注射で、卵胞を成長させます。

hMG注射単体で数回注射することもあれば、クロミッドの効果をより高める目的で補助的に使われることもあります。

「hCG注射」は、排卵を促す作用のある注射です。

クロミッドやhMGで卵胞を成長させたあとに、黄体ホルモンに似た働きをもつhCGを注射することで排卵させます。

育てて排卵させる。

そういった薬や注射になっており、先生の判断と相談しながら治療をすすめていきます。

3.薬の副作用

やはり、気になることの一つとして、薬の副作用ですよね。

例えば、薬を飲み出してからお腹がはったような感覚を感じられる方もいますが、

主な副作用としては、卵をたくさん育てて排卵させるので、双子や三つ子で生まれてくる場合があることと、卵巣が腫れてしまうことが言われています。

自然妊娠の場合、双子や三つ子の発生率は1%未満であるのに対して、hMG注射の場合は発生率が20%、

クロミッドでも約5%だといわれるくらい確率があがります。

排卵誘発剤を使う際は婦人科の先生からも事前に話がありますが、このような副作用があることも心して取り入れることをオススメします。

しかし、子供を説に望む方にとっては、双子や三つ子が副作用という観点にはいらない方もおられるかもしれませんね。

4.排卵誘発剤の値段

気になるのが値段ですね。

排卵誘発剤は高いというイメージがあります。

しかし、飲み薬を処方されている間はそこまで高くはありません。

保険治療内の薬もあります。

注射も保険内の注射も多いので、あまり抵抗をされなくても大丈夫です。

ただし、中には保険外のものもありますし、治療が続けばステップアップしていくことで治療費がかさむこともあります。

そのため、先生や旦那さんとも相談の上、どこまで治療をするかを決めていかれる方がよいでしょう。

自身の子供が欲しいと説に願う方は世の中にたくさんいます。

自然に授かればベストですが、年齢を重ねるごとに、また現代は食生活もファストフードであふれていたり、

仕事も忙しくストレス社会とも言われるくらい昔とは違い、不妊の方も多かったり、妊娠をする年代もあがっています。

そんな中、なかなか自然に授からないという方には婦人科で妊活をするという選択肢があることはとてもありがたいことですよね。

特に昨今は芸能人の影響か、昔のように不妊治療という名目ではなく、妊活といって治療に取り組みやすい環境でもあります。

まずは自身の検査にいき、タイミングをはかってみること。

その中で排卵のタイミングや特徴も知れるので、そのあとのステップとして、病院の経験を生かして自身でタイミングをとるのもよし、

排卵誘発剤をもちいて、排卵を促し妊娠の確率をあげることを選択肢にいれるのもありではないでしょうか。

そういったことへの抵抗がなくなり、たくさんの妊婦さんやママが世の中に増えたらいいなと思います。